青森県に行った気分になれる「ごっつり 南千住店」でランチの十和田バラ焼定食を食べてみた

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索



青森県が好きで以前はちょこちょこと遊びに行っていました。青森に行けない時は都内で青森の料理が食べられるお店やアンテナショップにも顔を出していました。しかし、実は荒川区内にも青森の味を楽しめるお店があったのですよ。それがごっつり 南千住店です。先日ランチを食べに行ってきたのでレポートします。

ごっつり 南千住店の場所

まずはお店の場所を確認してみましょう。地図を御覧ください。

南千住駅から線路の西側に出てすぐのところです。駅から徒歩1分もかかりません。

こちらが店舗外観です。

Untitled

かなり賑やかなのですごく目立ちます。

ごっつりのメニュー

ランチのメニューを御覧ください。

Untitled

・十和田バラ焼定食 770円
・サバ塩焼定食 770円
・サバ・トロロごはん定食 770円
・ミックスフライ定食 770円
・刺身定食 850円

全てご飯、みそ汁、お新香付きです。

基本的に青森県の食材を使っているようですね。筆者はB級グルメの王者という十和田バラ焼定食を注文しました。

その他の単品メニュー(の一部)がこちらです。

Untitled

青森に行った気分になれる十和田バラ焼

注文品を待つ間に店内を眺めてみました。1階にはカウンター席とテーブル席があります。

Untitled
Untitled

壁一面にメニューがありますね。

しばらくして出てきたセットがこちら。

cDSC_0046

これだけあって770円というのはお得感がありますね。

一般的な十和田バラ焼はタマネギとバラ肉を甘辛のタレで絡めて炒めたものだそうです。B-1グランプリでゴールドグランプリを受賞したこともあります。

cDSC_0047

どこのお店でも結構濃いめの味付けなので、ご飯とすごくよく合います。ごっつりのもかなり食べごたえがありました。さっぱりしたサラダがあるのが安心感がありますよ。

cDSC_0048

荒川区で青森を感じてみたくなったらごっつり 南千住店に行ってみるのもいいかもしれません。

営業時間はSNS等でチェックしてください。

ごっつり 南千住店

営業時間:11:00-23:00(変更の可能性あり)
住所:東京都荒川区南千住7-29-2
電話:03-6806-8343
Twitter
ごっつり 南千住店 – 南千住/魚介料理・海鮮料理/ネット予約可 | 食べログ

その他の荒川区内の美味しいもの情報はこちらから。
グルメ情報






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集



PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。記事内の情報は記事執筆時のものです。正しい情報をお伝えする努力はしていますが、間違った内容もあるかもしれません。読者の方が紹介した店舗等に訪れた際の不利益、リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。ご了承ください。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム