都電小台停留場近くにオープンした六原珈琲の喫茶コーナーがスタートしたのでコーヒーを飲んできた

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索



荒川区西尾久に六原珈琲がオープンしたのは2022年5月19日(木)のことです。
5月19日(木)、都電小台停留場のすぐ近くに六原珈琲がオープン | 荒川区のはなし

当初はコーヒー豆の販売から始まり、6月1日(水)から喫茶コーナーもオープンとなりました。さっそく筆者もコーヒーを飲みに行ってきましたのでレポートいたします。

六原珈琲の場所

まずはお店の場所を地図で確認してみましょう。

都電荒川線の小台停留場からあっぷるロードを南側に少し行ったところです。都営バスの小台停留所の目の前です。

こちらが店舗外観です。

Untitled

とむさんのコーヒーとして親しまれてきたお店ですね。ここが六原珈琲として生まれ変わりました。

Untitled

ロゴがすごくおしゃれです。

六原珈琲のメニュー

次にメニューを見てみましょう。

Untitled

ドリップコーヒーが500円です。持ち帰りだと350円となります。このメニュー表はどうやら縮小版で、今後少しずつメニューが増えていくそうですよ。

すっきり爽やかなコーヒー

お店に入ってすぐ左手に注文カウンターがあります。そこで500円のドリップコーヒー(ホット)を注文してPayPayで支払いをしました。

店内には2人がけのテーブルが複数と、8人がけの高い大きなテーブルがありました。おしゃれなカフェという雰囲気です。お客さんは以前からの常連さんが多い印象でした。

しばらくして注文したコーヒーが運ばれてきました。

Untitled

お菓子がひとつおまけに付いてきていました。それではいただきます。

Untitled

苦味が少ないすっきり爽やかな味わいでした。店内では500円ですが、テイクアウトだと350円になりますので、買い物帰りなどに気軽に美味しいコーヒーを買うのもありかもしれませんね。

都電小台停留場の北側には街中キッサ・街中スナック 荒川本店もオープンしています。街の人が集える場所が増えてきていますね。

六原珈琲

営業時間:10:00-18:30
定休日:火、第2・第3水曜日
住所:東京都荒川区西尾久2-37-2
電話:03-3893-7796

その他の荒川区内の美味しいもの情報はこちらから。
グルメ情報






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集



PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。記事内の情報は記事執筆時のものです。正しい情報をお伝えする努力はしていますが、間違った内容もあるかもしれません。読者の方が紹介した店舗等に訪れた際の不利益、リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。ご了承ください。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム