荒川区役所内にある食堂「レストラン さくら」は誰でも利用できるということなので潜入してみた #地域ブログ #荒川区

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!



友だち追加





サイト内記事検索

荒川区内でGo To Eat特集!
Go To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券の購入方法
荒川区内でGo To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券が使用可能な店舗一覧
Go To Eatキャンペーンのポイントはここで使おう! 「荒川区のはなし」がお勧めする東京都荒川区内の飲食店9選

荒川区役所内に食堂があるって知っていましたか?しかも区役所に勤めている人以外の一般の方も利用することができるのですよ。というわけで、今回はその食堂に潜入してきたレポートです。

まずは荒川区役所に入ります。

荒川区

食堂があるのは地下1階ですので階段またはエレベーターで移動します。もしくは外にあるスロープを下って建物に入ればそこが地下1階です。

Sponsored Link

食堂は「レストラン さくら」と言います。

荒川区

入り口を入ってすぐのところに食品サンプルがあって、どんなメニューがあるのかわかります。

荒川区

お値段を見るとかなり低めに設定されているのがわかりますね。普通のカレーライスが320円ですよ。ミニカレーだと220円。大学の学食レベルですよね。基本メニュー以外にもイベントメニューもあります。この日の目玉は500円のステーキ丼ですね。

荒川区

ドリンクもあり、14:00から16:30だとフロートもあります。

荒川区

この時間帯だと職員さん向けというよりも、一般向けですかね。

注文は食券制です。

荒川区

ここで購入した食券をカウンターに出して、その後商品を受け取るというシステムです。ちなみに、ご飯の量を少なくしたいという人向けにこのようなサービスがあります。

荒川区

食券販売機のところにこのような赤い札がありますので、ご飯を少なめにしたいという時はこの赤い札を食券と一緒にカウンターに出します。

荒川区

これなら口頭でわざわざ伝える必要もありませんね。

さてさて、今回僕が注文するのは540円のラーメンセットです。

荒川区

カウンターで商品を受け取ったら空いている席に座りましょう。

荒川区

すごく空いているように見えますが、これは12時のお昼休み開始前だからです。お昼休みが始まったら職員の方々が大挙して降りてくるので大混雑になりました。

それではラーメンセットをいただきましょう。

荒川区

ラーメンと(おそらく)ミニカレーのセットですね。ラーメンは醤油味のスープでとてもシンプルなものです。まさにザ・学食といったお味でした。

荒川区

カレーは以外にも玉ねぎがたっぷり入っていました。

荒川区

こちらもやはりザ・学食ですね。学生時代によく食べたよなという懐かしい気持ちにさせてくれます。この2つを合わせて540円というお値段でして、各日にお腹いっぱいになれます。メニューもいっぱいあるし、区役所の食堂も侮ることができませんよ。ちなみに、毎日日替わりのランチメニューもあるので、こちらをチェックして食べたいものがあったら区役所で食事をするというのもいいでしょうね。

荒川区

荒川区に在住、在勤、在学ではない方でも利用できますので、区役所に行く用事がある方はぜひご利用ください。先程も書きましたが、12:00になると職員さんがたくさん来るので、12時前に食事を終えるか、13時くらいに行くのがいいかもしれません。

レストラン さくら
東京都荒川区荒川2-2-3 荒川区役所地階
03-3807-5752
10:00-16:30
定休日 土・日・祝、年末年始
レストラン さくら 荒川区公式ホームページ

 
スポンサーリンク


・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】



この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム