東京都荒川区の広報紙「あらかわ区報」を新聞を購読していない人が読む3つの方法

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加


東京都荒川区に住んでいる方はきっと一度はあらかわ区報を見たことがあると思います。月に3回荒川区から発行されるお知らせです。基本的に毎月1日、11日、21日に配布されます。

IMG20200510162207

新聞をとっている方は折り込みで受け取ることが可能です。ちなみに、朝日新聞、産経新聞、東京新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞の6紙に折り込まれます。では、新聞を購読していない人はどのようにしてあらかわ区報を読むことができるのでしょうか。今回はその3つの方法について解説します。

ウェブ版を読む

この記事を見ている方はウェブ版を読むのが最も手軽でしょう。こちらのリンクから最新号を読むことが可能です。

あらかわ区報 荒川区

バックナンバーも掲載されているので、過去に遡って読むことができますよ。

区の施設、駅、金融機関、コンビニなどで配布

ウェブ版を読むことができない、もしくは紙で読みたいという方は区の施設、駅、金融機関、コンビニなどで配布されているものを受け取ってください。区の施設と駅では在庫切れでない限り受け取ることができるでしょう(緊急事態宣言発令中は区の施設のほとんどは休止)。例えば京成町屋駅ではこのように置かれています。

IMG20200508132117

改札外なので鉄道を利用しないでも受け取ることができます。

金融機関やコンビニなどは全ての店舗で置かれているわけではありません。詳しくはこちらで確認してください。
あらかわ区報配布場所荒川区

自宅に直接届けてもらう

新聞を購読したいない方は誰でも利用できるのが自宅に直接届けてもらうという方法です。区の委託業者が自宅ポストに投函してくれます。メールまたはFAXで受け付けています。詳細はこちらから。
あらかわ区報をご自宅にお届けします 荒川区

まとめ

新聞を購読している方は当たり前のようにあらかわ区報が折り込まれています。しかし、新聞を購読していないと荒川区からの情報をつい見逃してしまうかもしれません。それを避けるためにはぜひ上記の3つの方法のいずれかをお試しください。ウェブ版を読む、区の施設や駅などで受け取る、自宅に直接届けてもらうの3つです。ご自分に最も合う方法であらかわ区報をお読みください。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ