東京都荒川区東尾久にあるパティスリー ウールーグーの美しく、そして美味しいケーキは最高にお勧め!

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加


東京都荒川区内で美味しいケーキ屋さんはありませんか?と聞かれたら、迷わずこう答えます。東尾久のパティスリー ウールーグー!今回は先日ウールーグーで購入したケーキ2種類を紹介したいと思います。

IMG20200525140418

パティスリー ウールーグーの場所

ウールーグーは日暮里・舎人ライナーの熊野前駅、東京さくらトラム(都電荒川線)の熊野前停留所から徒歩ですぐのところにあります。まずは地図をご覧ください。

Sponsored Link

熊野前から都電通りを町屋方面にほんのちょっと歩いたところにあります。こちらが店舗外観です。

IMG20200525134624

ポップな色合いの建物なのでとても目立ちます。最近ではソーシャルディスタンスをの確保と密集密接を避けるために店内に入る人数を制限し、行列も間隔をあけています。土日祝日ともなると店外に間隔があいた行列があるのですぐにわかることでしょう。

ピスタとルージュの2つを購入

今回はピスタとルージュの2つを買ってみました。左側がピスタで右側がルージュです。

IMG20200525140418

おそらくこの写真を見るだけでもテンションが上がる方がいるのではないでしょうか。これだけ美しくて美味しそうなケーキが荒川区内で買うことができちゃうのですよ。ちなみに、テイクアウト用の箱の中も工夫されています。

IMG20200525140204

多少の振動でもケーキが倒れないように入れられていますね。このような配慮はとてもうれしく感じます。

緑の楽園 ピスタ

まずはピスタから頂きましょう。

IMG20200525140431

店内のショーケースには次のような説明文がありました。

「マカロンにラズベリーコンポートをのせ、ピスタチオクリームを絞り、フルーツやナッツをのせました」

きれいな緑に鮮やかなフルーツの色がよく映えます。筆者はクリーム部分を一口だけ食べてみたのですが、もうね、最高ですよ。思わずがぶりといきたくなっちゃいましたが、さすがにそれをやると家人も怒るのでやめておきました。眺めているだけでも楽しくなってくるケーキです。

IMG20200525140554

お値段は税別420円でした。

「緑の楽園」というのは筆者のイメージから勝手に愛称をつけてみたものです。

柔らかな赤 ルージュ

次はルージュです。こちらは筆者が全部食べました。

IMG20200525140508

お店の説明文は次のものです。

「カシス、ラズベリーのムースにホワイトチョコのムースを組み合わせて」

ピスタの緑とは打って変わって、透き通ってはいるものの、熱さも感じさせる赤が魅力的です。実際に食べてみるとカシス、ラズベリーのムースの酸味とホワイトチョコのムースの甘さのコラボがみごとにマッチしていて、それぞれの別の味とともに、組み合わさった時に生まれる新たな味もとても楽しいものでした。マカロンのふわふわさくさく感も忘れられません。全体的に柔らかなイメージでしたね。

IMG20200525140534

お値段は税別470円でした。

まとめ

今回ウールーグーで購入したのはピスタとルージュの2種類でしたが、これ以外にも魅力的なケーキがたくさんあります。ぜひ皆さんのお気に入りのケーキを探してもらいたいと思います。

パティスリー ウールーグー
東京都荒川区東尾久3-35-9
03-6327-9522
10:00-19:00
定休日 火曜日

※2020年5月31日までの営業時間は11:00から17:00となっています。6月以降はまだ未定です。臨時休業日もあるのでお店のTwitterを必ず確認してください。

パティスリー ウールーグー|Patisserie woo-roo-goo|荒川区熊野前のケーキ屋さん
Twitter

スポンサーリンク


・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム