日暮里駅前で魯肉飯と担仔麺で台湾の味を満喫!~京の華 別亭~

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加


魯肉飯が好きです。以前台湾に行った時に何度も食べまして。日本でも美味しいお店がどこかにないかと探し回っていました。でも実はものすごく近いところで美味しい魯肉飯を食べることができることに気が付きました。それが日暮里駅前にオープンした京の華 別亭です。

DSC_7277c

京の華 別亭の場所

京の華 別亭は日暮里駅のロータリー側にあります。人気の馬賊が入っているビルの2階です。

IMG_20200703_214544_932

階段を上って2階に行くと入り口があります。

IMG20200703122719

地図でも場所を確認してみましょう。

Sponsored Link

京の華 別亭のランチメニュー

今回はランチタイムにお店に行ってみました。平日の11:00から15:00まではランチメニューがあります。

IMG20200703122951

単品、セットメニュー、定食、台湾の駅弁となかなかバリエーションに富んでいます。

今回は魯肉飯と担仔麺のセットを注文してみました。税別で880円です。

ちなみに、台湾鉄道弁当はテイクアウトもできます。

IMG20200703125527

魯肉飯と担仔麺のセット

しばらくして出てきたセットがこちらです。

DSC_7280c

右が魯肉飯で左が担仔麺です。

まずは魯肉飯から食べてみましょう。

DSC_7277c

魯肉飯は日本風に言えば豚肉の甘辛煮ですかね。お新香、高菜、ゆで卵も入っています。

DSC_7281c

それではいただきましょう。

DSC_7283c

このトロトロ感、最高です。この美味しさは台湾を思い出させてくれますよ。思わずガツガツと食べ進めてしまいました。ゆで卵は味付きで、単体で食べても美味しかったですね。このレベルの魯肉飯が荒川区内で食べられるなんてなんて幸せなのでしょう。

次は担仔麺です。

DSC_7278c

担仔麺は小ぶりの汁入り麺料理だそうです。京の華でも小さな器に入ってきます。

DSC_7285c

見た目通りすごくあっさりしたお味です。ご飯ものにプラスするにはちょうどいい量と味ではないかと思います。味が濃い目のお肉(味噌味?)があるので、あっさりに飽きたら味の調整もできますよ。

この2品で満腹満足になりました。

まとめ

日暮里駅前の京の華 別亭で魯肉飯と担仔麺を食べてきました。荒川区内で台湾を味わえる場所としてお勧めですよ。すぐ近くに京の華の本店もあります。そちらでも同様の台湾の味を楽しむことができます。

京の華 別亭
11:00-15:00
17:00-22:00
定休日 日曜日
東京都荒川区西日暮里2-18-2 イトウビル 2F
03-5615-2247

スポンサーリンク


・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム