東京都荒川区荒川区3丁目の明治通り沿いに餃子専門店の餃子博物館が2020年8月7日(金)にオープン

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加


東京都荒川区荒川区3丁目の明治通り沿いに餃子専門店の餃子博物館が2020年8月7日(金)にオープンしました。さっそく餃子をテイクアウトしてきたのでレポートします。

東京都荒川区荒川区3丁目の明治通り沿いに餃子専門店の餃子博物館が2020年8月7日(金)にオープン

餃子博物館の場所

店舗の場所は明治通りを荒川区役所から宮地交差点に向かって少し歩いたところです。荒川中央通りとの丁字路の付近です。両隣が中華料理のハルピンと内田輪業です。店舗外観がこちら。

IMG20200807091611

まだ看板は完成していないようです。地図でも確認してみましょう。

餃子博物館のメニュー

まずはテイクアウトメニューから。

IMG20200807100913

餃子だけでなく、麺類や丼物もあります。餃子は蒸しも焼きも可能だそうです。

ランチメニューがこちら。

IMG20200807102253

餃子の定食にはミニ麻婆丼、スープ、カットフルーツがつくようです。

今回はテイクアウトで580円の西太后餃子と同じく580円の翡翠餃子を注文してみました。両方とも蒸しでお願いしました。

店内の様子

店内の様子も見てみましょう。

IMG20200807110114

2人、3人、4人用のテーブルがありました。ご覧の通り椅子は簡易なもので、大衆食堂といった感じでしょうね。実はテイクアウトの品物が出来上がるまでの間に、試食としてネギネギ餃子を出していただきました。

IMG20200807111605

玉ねぎと長ねぎと豚肉の蒸し餃子です。ネギの風味がなかなか効いていましたよ。

自宅で餃子博物館の餃子を食べてみた

それでは自宅に戻ってから餃子をいただきましょう。

IMG20200807113542

上にあるややピンク色をしているのが西太后餃子で、下のやや緑のものが翡翠餃子です。

まずは西太后餃子から。

IMG20200807113735

食用菊と鶏肉の蒸し餃子です。皮はやや固めですが、餡はジューシーです。とろりと出てくる汁の旨味が感じられますね。実はあの西太后が鶏肉と食用菊の蒸し餃子を喜んで食べていたそうです。それで「西太后餃子」というネーミングなのだそうですよ。

次は翡翠餃子。

IMG20200807113642

海老入りニラタマ翡翠蒸し餃子です。ニラの風味、玉子の柔らかさ、エビのプリプリ感。それらが相まって、筆者としては一番好きな餃子でした。これなら何個でも食べられちゃいそうです。今回食べた3種類の中で一番のお勧めですね。

まとめ

筆者は餃子が大好きなので、荒川区内に餃子の専門店が新たにできたのはとても嬉しいです。今回実食して美味しさを体感できたので、きっとリピートしちゃうことでしょう。お近くの方はぜひご利用ください。

餃子博物館
10:00-21:00
東京都荒川区荒川区3-32-9
03-6876-8613

スポンサーリンク


・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集
・PR記事一覧
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム