町屋の台湾!台湾茶専門店の沁涼茶品でレインボータロイモパイを食べてみた

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


最近は海外旅行に行くことができませんね。そんな時は町屋にある台湾に行ってみるのはいかがでしょうか。台湾茶専門店の沁涼茶品(チンリャンチャピン)です。先日そちらで台湾B級グルメのレインボータロイモパイが販売されたので食べにいてみました。インスタ映えするような見た目と、台湾らしい風味だったのでレポートします。

町屋の台湾!台湾茶専門店の沁涼茶品でレインボータロイモパイを食べてみた

最近台湾ではタロイモのブームが来ているようで、タロイモを使った様々なスイーツが考案されているそうです。タロイモパイもそのひとつですね。沁涼茶品では外側のパイ生地がレインボーになっていました。

町屋の台湾!台湾茶専門店の沁涼茶品でレインボータロイモパイを食べてみた

緑、紫、オレンジなどの色が用意されていましたね。複数並べるとカラフルで見ているだけでワクワクしてきますよ。お値段は1個250円です。

実際に食べてみると、なかなか不思議な食感でした。サクッとしたパイ生地の中にモワッとしたタロイモの餡が入っています。以前台湾に行った時にこのような感じのお菓子を食べたような気もしますね。タロイモは様々な栄養素がたっぷりなようなので、実は健康的なスイーツでもあるようです。なかなかこの台湾らしいスイーツを食べる機会はないと思いますので、SNSで販売告知があったらぜひお店に行ってみてくださいね。

タロイモパイと一緒に台湾茶も注文しました。この日は芳果紅茶にしてみました。

最近筆者は一番甘めで作ってもらうことにはまっています。これが最高に美味しいのですよ。一口飲んだだけで思わずニンマリしちゃいました。ちなみに、芳果紅茶はおそらく日本で飲むことができるのは沁涼茶品だけだろうということです。さすが台湾茶専門店ですよね。

最後に今回のお店への訪問を動画でもまとめたのでぜひ御覧ください。

YouTubeのチャンネル登録もぜひよろしくお願いいします。
荒川区のはなし – YouTube

沁涼茶品(チンリャンチャピン)
東京都荒川区荒川6-20-10
03-6807-7307

公式サイト
Instagram
Twitter
Facebook
YouTube






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム