西日暮里にある讃岐うどんのぶっかけやで釜玉明太バターうどんを食べてみた #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

西日暮里に気になるうどんやさんがあったので、先日ランチを食べに行ってみました。讃岐うどんのぶっかけやです。

日暮里・舎人ライナーの西日暮里駅の目の前

ぶっかけやは荒川区西日暮里5丁目にあります。こちらが店舗の外観です。

西日暮里 讃岐 ぶっかけや

「うどん」と書かれた大きなのれんが目印ですね。お店の目の前が日暮里・舎人ライナーの西日暮里駅です。

日暮里・舎人ライナー 西日暮里駅

改札を出て右手にある階段またはエレベーターを下りてすぐのところです。JRや東京メトロ千代田線の西日暮里駅から来る場合は日暮里・舎人ライナーの西日暮里駅を目指せば間違いはありませんよ。

Sponsored Link

ぶっかけやのメニュー

ぶっかけやのメニューを見てみましょう。まず目に入ってくるのは3つのこだわりです。

西日暮里 讃岐 ぶっかけや

・化学調味料は一切使っておりません。
・いりこ、昆布、かつを節、ソーダ節、うるめ節、さば節で毎日丁寧に出汁をひいています。
・もちろん自家製麺で打ち立て、茹でたてにこだわっています。

これを読むだけでも美味しさへの期待感が高まります。ぶっかけやのぶっかけうどんは冷、温、ひやあつの3種類から選ぶことができます。

西日暮里 讃岐 ぶっかけや

トッピングも充実していますね。どれにしようかとても迷いましたが、今回はこちらから選ぶことにします。

西日暮里 讃岐 ぶっかけや

釜玉明太バターうどんがとても気になりましたので注文してみました。

釜玉明太バターうどん

しばらくして出てきたのがこちら。

西日暮里 讃岐 ぶっかけや

ものすごく美味しそう!まずはうどんだけを食べてみましょう。

西日暮里 讃岐 ぶっかけや

意外にもつるっとした感じですが、すごくさっぱりしていてぐいぐい食べれちゃうという印象でした。モチモチ感はなくても美味しいうどんです。

次にバターと明太子をうどんに混ぜてみました。

西日暮里 讃岐 ぶっかけや

バターのまろやかさの中に時折明太子のピリッと感が入って、これは美味しい!今回はいきなり全部かき混ぜちゃったけど、バターと明太子の割合を変化しつつ混ぜればもっと味のグラデーションがつけられるかも。いずれにせよ、この釜玉明太バターうどんは大当たりでしたよ。

まとめ

西日暮里にあるぶっかけやはお昼時は常に満席状態の人気店でした。基本的に大テーブルでの相席なので、すぐ隣が見知らぬ人になることもあります。まあでもお客さんの回転は早いのでそれはそんなに気にならないかもしれません。

今回は釜玉明太バターうどんを食べてみましたが、他のメニューも色々試してみたくなりました。ぶっかけうどんにトッピングをいくつかつけて自分オリジナルのうどんを作ってみるのも面白いかも。

讃岐うどん ぶっかけや
東京都荒川区西日暮里5-33-1
03-3806-6840
月~木 11:30-15:00、17:00-22:30
金 11:30-15:00、17:00-23:00
土・祝 11:00-15:00、17:00-21:00
定休日 日曜日

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ