2020年11月中の火曜日はニュー阿波屋に300円の激安たこ焼きなどを販売するTAKOYAKI247が出店!伝説の深夜食堂だった建物でたこ焼きを食べる幸せを実感してきた

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!



友だち追加





サイト内記事検索

荒川区内でGo To Eat特集!
Go To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券の購入方法
荒川区内でGo To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券が使用可能な店舗一覧
Go To Eatキャンペーンのポイントはここで使おう! 「荒川区のはなし」がお勧めする東京都荒川区内の飲食店9選

2020年10月3日(土)にリアル深夜食堂の阿波屋がニュー阿波屋に生まれ変わりました。週末を中心に様々なポップアップショップが入っています。先日どんなお店がやっているかなと思ってニュー阿波屋に行ってみたところ、たこ焼き屋さんのTAKOYAKI247がやっていました。2020年の11月は毎週火曜日にこのTAKOYAKI247が入るそうなのでレポートします。

Untitled

ニュー阿波屋の場所

ニュー阿波屋は町屋駅から尾竹橋通りを隅田川方面に10分くらい歩いたところにあります。まずは地図で確認してみましょう。

通り沿いなのですぐにわかると思います。かつては夜中に営業している深夜食堂として人気があったそうです。しかもこの建物ですよ。

Untitled

昼間しかこの前を通らないならば、食堂だなんてきっと思わなかったでしょうね。ニュー阿波屋はそこをリノベーションしていますが、以前の雰囲気はしっかり残っています。壁に書かれたメニューは趣がありますよね。

Untitled

建物の横のスペースには椅子が置かれているので、こちらで飲食することも可能です。

Untitled

Sponsored Link

TAKOYAKI247で300円のたこやき!

今回出店していたTAKOYAKI247は実店舗はなく、イベントなどの時にこうしてたこ焼きなどを焼くのだそうです。メニューを見てみましょう。

Untitled

・たこやき(6個) 300円
・チーズINたこ焼き(6個) 400円
・たこせん 200円
・お菓子(おかき) 100円
・生ビール 400円

どれもこれも激安価格です。今回は300円のノーマルなたこ焼きを注文してみました。

たこ焼きを焼いている音を聞きながら待ちます。

Untitled

さあ完成です。

Untitled

たこ焼きは小ぶりですが、マヨネーズ、鰹節、青のりはたっぷりかけてくれます。これらを阿波屋の建物を見ながら食べることができるなんてすごく粋ですよね。

Untitled

筆者は深夜食堂としての阿波屋は利用したことはありませんでしたが、こうして昼間の阿波屋を眺めているだけでも幸せな気分になってきます。熱々のたこ焼きをはふはふしながら目をつぶって真夜中の気分を出したりもしました。ニュー阿波屋として生まれ変わったからこそこのたこ焼きを食べることができたことに感謝ですね。

TAKOYAKI247の今後のスケジュール

2020年11月のニュー阿波屋のスケジュールはこちらです。

Untitled

TAKOYAKI247は毎週火曜日に登場します。12月以降は曜日が変わるそうですが、とりあえずは火曜日に激安たこ焼きを食べることができますよ。

まとめ

TAKOYAKI247は気軽にたこ焼きを買うことができるニュー阿波屋のポップアップショップです。買い物や学校帰りに小腹が空いたらぜひ立ち寄ってみて下さい。また、夜は20:00までやっているので、仕事帰りに生ビールを飲みながらたこ焼きを食べるなんてのもいいでしょうね。

TAKOYAKI247(ニュー阿波屋)
11:00-20:00
東京都荒川区町屋8-1-10

 
スポンサーリンク


・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】



この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム