日暮里の夕やけだんだんの近くにある百舌珈琲店で300円のモーニングコーヒーをテイクアウト

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


荒川区内でGo To Eat特集!
Go To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券の購入方法
荒川区内でGo To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券が使用可能な店舗一覧
Go To Eatキャンペーンのポイントはここで使おう! 「荒川区のはなし」がお勧めする東京都荒川区内の飲食店9選




朝から美味しいコーヒーを飲みたくなる時がありますよね。そこでお勧めなのが荒川区西日暮里にある百舌珈琲店です。8:00という早い時間帯からコーヒーを飲むことができますのでレポートします。

Untitled

百舌珈琲店の場所

百舌珈琲店は日暮里駅から谷中方面に少し歩いた七面坂という坂道の下にあります。まずは地図を御覧ください。

夕やけだんだんのすぐ裏手でもあります。谷中、根津、千駄木のいわゆる谷根千エリアの入り口ですね。

こちらが店舗外観です。

Untitled

和の雰囲気を感じる佇まいですよ。

平日の朝はコーヒーが300円!

実は平日のみではありますが、朝の時間帯はコーヒーが300円という超お得な値段になっています。

Untitled

店内で飲むこともできますし、テイクアウトも可能です。このモーニングコーヒーは、その場で淹れるのではなく、予め用意されているものをカップに注いでくれます。朝の忙しい時間帯に提供するものなのでスピード重視ですよ。通勤前にちょっとコーヒーを飲みたいなどという方にはぴったりですね。

ちなみに、コーヒーだけでなく朝食としてホットサンドも食べられます。

Untitled

こちらもテイクアウト可能です。いずれも8:00から10:00の時間帯での販売です。

モーニングコーヒーを飲んでみた

というわけで、筆者も平日の朝に伺って、300円のモーニングコーヒーをテイクアウトで注文してみました。本当にすぐ出てきます。このスピード感は朝の時間帯にはぴったりですね。

Untitled

なお、通常は店内で注文をするのですが、今後はお店の前のこのテーブルでも販売をするようになるそうです。

Untitled

お店に入る時間が節約されるので、さらなるスピードアップになりますね。

筆者が訪れたのは1月の寒い朝だったわけですが、コーヒーの温かさが本当に身に沁みました。

Untitled

こうやって太陽の光を浴びながら飲むとしゃっきっと目が覚めるようでしたよ。

百舌珈琲店がある場所は荒川区と台東区の区境です。文京区もすぐそこです。ひょっとしたら朝の時間帯は荒川区在住の方よりも、台東区や文京区の方の方が利用されているかもしれませんね。

百舌珈琲店

営業時間:8:00-18:00
定休日:月曜日(祝日の場合は営業し、翌日がお休み)
住所:東京都荒川区西日暮里3-14-7

公式ウェブサイト
Instagram
Twitter


【PR】荒川区のはなしは、地域の人とつながれるSNS『地区トーク』を応援しています! 地区トーク



・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】



ぜひSNSでこの記事をシェアして下さい!

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム