あらかわ遊園で開催された秋田竿燈まつりinあらかわを客席と観覧車から撮影した写真でレポートします #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

2018年10月13日(土)14日(日)にあらかわ遊園内で秋田竿燈まつりinあらかわが開催されました。14日(日)に見学に行ってきましたので簡単にレポートします。

秋田竿燈まつりとは

秋田竿燈まつりは国の重要無形民俗文化財に指定されているお祭りです。秋田では毎年8月3日から6日にかけて開催されています。

Sponsored Link

会場はあらかわ遊園内のアリスの広場

今回の会場はあらかわ遊園です。お祭りが披露される2日間は入園料が無料となっていました。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

それを知らずに来場してきて「え、無料なの!?」と驚いている方も結構いましたね。

この入口の門からまっすぐ隅田川の堤防沿いに歩いていくとアリスの広場があります。堤防に舞台と客席がある広場です。開演前はまだ竿燈が寝かされた状態でした。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

ついに竿燈が立ち上がる!

10時の開演時間になるとついて竿燈が立ち上がりました!

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

最初は数人で竿燈を持ち上げますが、最終的に持つのはたった一人です。高さ12m、重さ50kgにもなるそうですよ。ただ持つだけではなくて色々な技を披露してくれます。3人共手のひらに竿を立てていますね。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

この日は風が強かったので、バランスをとるのがすごく難しそうでした。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

今度は三者三様で、手のひら、肩、おでこと乗せる場所がバラバラです。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

そうそう、竿を上げている時はお囃子も奏でられています。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

目で見ても、耳で聞いても楽しいお祭ですよ。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

観覧車が特等席

アリスの広場の客席が最も迫力を感じる場所だとは思いますが、実は観覧車から眺めるのもいいのではないかと思いまして、実際に観覧車から竿燈まつりを見てみました。少しずつゴンドラが高くなっていきます。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

さらに高くなります。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

そして一番高いところから見下ろしてみました。

秋田竿燈まつりinあらかわ あらかわ遊園

ステージ、客席、隅田川、対岸のマンションなど色々なものが一度に目に飛び込んできます。もちろんお囃子の音色も聞こえてきますよ。これはなかなかいい眺めですね。本来とは異なる角度で見る竿燈まつりにそうはないと思います。ただ残念なのは、観覧車に乗っている時間はそんなに長くはないことですかね。

まとめ

荒川区内で秋田県の竿燈まつりを眺めることができるという幸せな時間を体験することができました。最後に動画でも御覧ください。

今回は短い時間での観覧でしたので、次は本場の秋田でぜひ見てみたいですね。
秋田竿燈まつり-Akita Kanto Festival- 国重要無形民俗文化財

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ