町屋のお弁当屋さん「味玉やませ」のシンプルで懐かしい味がするカツカレーを食べてみた

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


カレーが好きです。町屋にあるお弁当屋さんの味玉やませで先日カツカレーを購入して食べてみました。ボリュームがあって万人受けするカレーの味だったのでレポートいたします。

味玉やませの場所

味玉やませは町屋にある人気のお弁当屋さんです。お昼時にはたくさんの方が買いに訪れています。ただ、ややわかりにくい場所にあるのですよ。まずは地図を御覧ください。

都電の町屋二丁目停留所から慈眼寺方面に進んで最初の右手の路地を入ったところです。都電通りではありません。

こちらが店舗外観です。

Untitled

営業時間にはこの「営業中」の看板が路地の入口からも見えますので目印にしてください。

味玉やませのメニュー

次にメニューを見てみましょう。

Untitled

2021年6月から料金が改定されました。このメニュー表には写真が出ていませんが、日替わり弁当や惣菜も数種類あります。お店のTwitterで告知されますので要チェックです。

今回は750円のカツカレーを注文しました。カツがない普通のカレーの場合は500円です。

やませのカツカレー

注文からカツを揚げるので、できあがりまでしばし時間がかかります。待ちたくない方は電話予約をしておくといいでしょうね。

さて、自宅に持ち帰ってランチとして食べることにします。こちらがやませのカツカレーです。

cDSC_8932

カレー、カツ、ご飯、福神漬というシンプルな構成ではありますが、すごく美味しそう。カツのこんがりした匂いと、カレーの匂い。この2つが混ざりあって食欲を刺激してきます。

最近エスニックなカレーを食べる機会が多いですが、この和風のカレーの色合いは子供の頃から慣れ親しんだものです。

cDSC_8936

手のひらサイズのカツはボリューム満点ですよ。

cDSC_8934

それではいただきます。

cDSC_8937

辛すぎず、甘すぎず、この程良さ加減はきっと多くの人に好まれるものだと思います。どこかで食べたことがあるような懐かしさも感じさせてくれます。こういうシンプルな美味しさのカレーはありそうでなかなかありません。

カツとカレーを一緒に食べるとさらに美味しさが倍増する感じでした。カツもカレーもたっぷり量がありますので、きっとお腹いっぱいにもなれますよ。

今回はカツカレーにしてみましたが、唐揚げを2個トッピングしてみるのもいいかも。やませの唐揚げもすごく美味しいですよ。

味玉やませ

営業時間:11:00-14:00、16:00-18:00(水曜日は昼のみ)
定休日:土日祝
住所:東京都荒川区町屋2-17-7
電話:03-5901-9235
Twitter

その他の荒川区内の美味しいもの情報はこちらから。
グルメ情報

その他の町屋地区に関する情報はこちらから。
町屋






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム