荒川ふるさと文化館で「絵葉書にみる近代あらかわ」が開催 荒川区の歴史を絵葉書で見てみませんか

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


気になる展示が始まりました。荒川ふるさと文化館で開催される「絵葉書にみる近代あらかわ」です。

現在の荒川区の風景はおそらく皆さん毎日のように見ていることと思います。しかし、近代(おそらく明治、大正時代)の荒川区がどうだったかを知る人は少ないことでしょう。この展示では開園当初の荒川遊園や諏訪台・ひぐらしの里などを描いた絵葉書が紹介されます。また、水害や関東大震災の絵葉書も展示されるとのことです。現在の荒川区と比べて当時はどんな違いがあったのかぜひ見てみていと思っています。

Untitled

なお、7月31日(土)から8月24日(火)の前期と8月25日(水)から9月12日(日)の後期で展示作品を一部入れ替えるそうです。

絵葉書にみる近代あらかわ
開催期間:2021年7月31日(土)〜9月12日(日)
休館日:荒川ふるさと文化館・南千住図書館の開館日に準ずる
時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
観覧料:100円
場所:荒川ふるさと文化館1階 企画展示室






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム