秋の虫がいっぱいいる!尾久の原公園の「虫の王国」が2021年9月30日(木)まで開放中

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


2021年の暑かった8月が終わり、9月に入って秋を感じさせる気候になってきました。東京都荒川区にある尾久の原公園では秋の虫がたくさん生息している「虫の王国」が開放されました。さっそく近所の子供達が虫取りに訪れています。

「虫の王国」とはどのようなものでしょうか?公園内のはらっぱエリアはしっかりと整備されていて、人々が歩きやすいようになっています。こちらの写真を御覧ください。

Untitled

手前の方は草が短く刈られていますよね。左上のエリアを御覧ください。草がぼうぼうに生い茂っているのがわかることでしょう。そう、「虫の王国」とは虫たちが暮らしやすいように手入れされていないエリアのことを指します。

夏の間このエリアは立入禁止になっていました。人々が足を踏み入れなければ草はどんどんと伸びていきます。では「虫の王国」に入ってみましょう。

Untitled

人が入っているので草が倒れているところもありますが、これだけ草ぼうぼうだったら色々な虫がいそうですよね。我が家の子供はバッタ、テントウムシ、イトトンボを見つけていました。じっくり探せば他の虫も見つけられると思いますので、尾久の原公園に行く際はぜひこの虫の王国にも入ってみてください。

「虫の王国」開放期間
2021年9月5日(日)〜9月30日(木)






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム