日暮里にある「ダージリン 日暮里店」は料理も店内の雰囲気も完全にインド!

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


以前から噂には聞いていました。荒川区内にインドがあると。それが日暮里駅近くにあるダージリン 日暮里店です。実際に筆者が潜入してみたところ、そこは確かにインドでした(実際に行ったことはないけど)。どこからどこまでも日本ではないどこかだと感じることができる場所です。海外旅行を楽しむことができない時期ならば、このダージリンに行ってみるといいでしょう。

ダージリン 日暮里店の場所

ダージリン 日暮里店は日暮里駅から夕やけだんだんに行く途中にあります。こちらの地図を御覧ください。

日暮里駅から徒歩3分くらいのところです。夕やけだんだんの階段の手前ですね。

店舗外観がこちら。

Untitled

入り口からして完全に異国情緒に溢れていますよね。

店内に入るまでもアトラクション

それでは店内に入ってみましょう。お店は2階にあるのでまずはこの階段を上ります。

Untitled

この段階でテンション上がりまくりですよね。視界に入る範囲にはどこにも日本的なものがありません。階段には踊り場があり、180度ターンします。

Untitled

もうここまででかなり満足感がありますが、まだまだこれは入り口に過ぎないのです。

Untitled

バリエーション豊かなテーブル席

2階の店内に入りました。階段と同様にここにもインド的世界観が広がっています。テーブル席はひとつひとつ異なるので、どこに座るかきっと迷ってしまうことでしょう。まずは入口入ってすぐのところにあるテーブルです。

Untitled

映画のセットではありませんよ。これがダージリンなのです。

Untitled

ここまでは日当たり良好な窓際にある席です。筆者は2番目に紹介したテーブルに座りました。

さらに奥に行ってみましょう。

Untitled
Untitled
Untitled

どこを見ても非現実的に感じてしまいます。しかし、谷中、根津、千駄木のいわゆる谷根千エリアの一部である日暮里にこの空間が現実に存在しているのです。昔ながらの日本を感じたいと多くの人が集まるこの街に、こんなにも日本とは程遠い世界観が構築されている場所があります。皆さんはどこに座りたいと思いましたか。

ダージリンのメニュー

次にメニュー(の一部)を見てみましょう。この日はランチを食べることが目的でした。こちらがカレーのメニューです。

Untitled
Untitled

ライスやナンは別で、カレー単体の両金です。色々あって迷ってしまったので、このお勧めカリーにすることにしました。

Untitled

ムルグマッカニカリーです。名前を聞いてもどんなものかイメージできませんが、説明書きがあります。

「クリーミーなトマトベースのカレーに当店自慢のチキンティッカ(タンドーリチキン)入れちゃいました!」

別名、バターチキンカリーだそうです。この別名だけで十分イメージできますかね。お値段は1350円です。

さらに、ナンまたはライスとドリンクも注文してみます。

Untitled

400円の普通のナンと600円のプレーンラッシーを注文しました。これで合計2350円(税抜)。荒川区内で考えると超高級ランチと言ってもいいでしょう。

日暮里で味わう本格的インド料理

まずはドリンクが出てきます。

cDSC_9399

想像以上の高さのグラスで出ていました。隣りにあるのはインドのお煎餅とのことです。

cDSC_9400

結構しょっぱ目です。でも美味しいですよ。日本のお煎餅のように固くはありません。薄くて簡単にパリパリ噛むことができます。料理が出てくるまでにこれを食べて、ドリンクを飲みながら待つのもいいでしょう。

さあ、全ての料理が出揃いました。

cDSC_9408

このセットは見た目だけでもインパクト大です。ものすごく豪華ですよね。それではいただきましょう。まずはカレーから。

cDSC_9404

ムルグマッカニカリー、別名バターチキンカリーです。さて、食べようと食器に目をやると、

cDSC_9401

キンキラキンです。何やら模様も入っていますよね。これでカレーを食べるのですから、美味しさもさらに倍増しようです。

cDSC_9409

濃厚でものすごく深い味です。たくさんのスパイスを使っているんだろうなと一口で感じることができます。辛さはないですね。ダージリンのお勧めということで、万人受けする味になっているのだと思います。お肉もゴロゴロ入っているのでかなりボリューミーですよ。

次はナンです。

cDSC_9405

超巨大です。そして甘くて美味しいです。これだけで食べてもいいけど、やっぱりカレーをつけて食べるとさらに美味しいですよ。

cDSC_9410

ただ、かなりの大きさなので、2人でシェアするとちょうどいいかなと思いました。

そうそう。3種類の薬味も料理と同時に出してもらえます。

cDSC_9406

お好みで使ってください。開いているところは酸っぱいものだそうです。

食事が終わると、お店の方が「紅茶、サービスね」と言ってきました。食事をした人全てへのサービスなのか、それともお客さんが少なかった(筆者以外にもう1組)からなのか。いずれにせよ、喜んでサービスしてもらうことにしました。

しばらくして紅茶のセットが出てきました。

cDSC_9412

何ですか、この高級そうに見えるセットは。ここで紅茶のメニューも見てみましょう。

Untitled

左側のページを見るとだいたい1000円前後ですね。「銀製のセットでサービス」と書かれています。おそらくこの眼の前に出てきているのがそれでしょう。

では紅茶をいただいてみます。

cDSC_9414

右手でポットを持って、左手に持ったカメラで撮影しています。この時右手はかなりプルプルきています。相当重たいですよ。何とか頑張ってカップに入れることができました。

cDSC_9416

この紅茶の美味しいこと。大量に食べて満腹ではありましたが、ゆっくりと飲んできました。異国感溢れる空間でカレーを紅茶をいただくなんて、夢のようなひとときでした。食事をするとなると料金は結構かかってしまいますが、紅茶だけなら1000円前後になります。お財布と相談しながら、ぜひダージリンに行ってみてください。きっと長居したくなっちゃうと思いますよ。

ダージリン 日暮里店

営業時間:11:00-23:00(新型コロナウイルスの影響で変更の可能性あり)
定休日:無休
住所:東京都荒川区西日暮里3-10-3 2F
電話:050-5303-8139
ダージリン 日暮里店 (DARJEELING) – 日暮里/インドカレー/ネット予約可 | 食べログ

その他の荒川区内の美味しいもの情報はこちらから。
グルメ情報






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム