尾久八幡神社では初詣の準備は万全です #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

平成30年(2018)もいよいよ大晦日になりました。後数時間で平成31年(2019年)の幕開けです。そんな新年の最初の行事として初詣に行く方はきっと多いことでしょう。今回は西尾久3丁目にある尾久八幡神社の初詣準備についてレポートします。

まずは都電通り沿いにある鳥居からですね。

尾久八幡神社

両脇には立派な門松も立っています。また、神社の敷地と道路の境には「初詣」の幟もたくさん出ていました。

尾久八幡神社

Sponsored Link

神社の前を歩くだけでも初詣気分が高まってきます。

境内に入るとお焚き上げのために奉納するテントも出ています。

尾久八幡神社

お守りや神札などをお納めください。

拝殿横には御祈祷受付所も準備万端でした。

尾久八幡神社

また、境内にはたくさんの屋台も出ています。

尾久八幡神社

あとは初詣の人々が来るのを待つのみという状態でした。

西尾久地区、東尾久地区の方々はきっと尾久八幡神社に初詣に行くことでしょう。

尾久八幡神社

夜中に行く予定の方は寒さ対策をしっかりしてお出かけください。

尾久八幡神社
東京都荒川区西尾久3-7-3
03-3893-1535

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ