町屋の「自家製麺 毘舎利」で夏季限定の魚介豚骨つけ麺を食べてみた

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索



町屋駅近くに「自家製麺 毘舎利(びしゃり)」がオープンしたのは2022年5月のことです。グランドオープンの日に筆者も食べに行きました。
町屋にオープンした「自家製麺 毘舎利(びしゃり)」でニンニクマシの小ラーメンを食べてた | 荒川区のはなし

そのオープンから約2ヶ月が経過して暑い夏がやって来ました。夏季限定の魚介豚骨つけ麺が販売されていると聞いたので、さっそく食べに行ってきました。冷たい麺でちょっと涼やかな気分になったのでレポートします。

自家製麺 毘舎利の場所

まずはお店の場所を地図で確認してみましょう。

町屋駅から徒歩1分くらいの場所です。尾竹橋通りと都電通りから横道を1本入ったところですね。

こちらが店舗外観です。

Untitled

黄色がイメージカラーなのですね。看板やのれん、提灯も黄色です。

夏季限定の魚介つけ麺

その店頭に次のポスターが掲示されていました。

Untitled

以前は小ラーメンを食べましたので、今回はこのつけ麺を食べてみることにします。900円です。ところが、この日はタイミングが悪く柚子が入荷できなかったとのことで、柚子抜きのつけ麺となりました。50円返金されて、最終的には850円です。かなりイレギュラーです。

夏らしい冷盛りのつけ麺

できあがりの直前ににんにくと脂の量を確認されました。両方とも少なめでお願いしてみました。

まずは玉ねぎが出てきました。

Untitled

右側の空いているスペースには本来ならば柚子が入るのでしょう。

次に麺とスープの登場です。

Untitled

見てください、この超ボリューム。にんにくと脂も少なめで追加されています。それではいただきます。

Untitled

麺は冷盛りで、スープは温かです。コシがあって食べごたえがある麺です。スープは魚介系の風味がたっぷりあります。これをトッピングの脂やにんにくで味を少しずつ変化させていき、大量にある麺や野菜を飽きることなく食べることができました。麺の中には味玉とチャーシューも隠れていますよ。これでお腹いっぱいにならないわけはないですよね。注文の段階で麺を少なめにしてもらえばよかったと後悔したくらいです。

そうそう、スープ割もあるとのこと。旨みたっぷりのスープもぜひ飲んでみてくださいね。筆者は満腹になりすぎて断念しました。

この魚介つけ麺は夏季限定です。暑いうちにぜひ食べに行ってみてくださいね。そんなにたくさん食べられない方は最初に麺少なめで注文することをお忘れなく。

自家製麺 毘舎利

営業時間:11:00-15:30、17:00-22:00(変更の可能性あり9
定休日:月曜日(隔週で火曜日も休み)
住所:東京都荒川区町屋2-2-3
電話:03-6807-6029
Instagram
Twitter

その他の荒川区内の美味しいもの情報はこちらから。
グルメ情報






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集



PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。記事内の情報は記事執筆時のものです。正しい情報をお伝えする努力はしていますが、間違った内容もあるかもしれません。読者の方が紹介した店舗等に訪れた際の不利益、リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。ご了承ください。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム