服屋さんなのにカフェ!?日暮里繊維街近くの「cafe hopeful」で裏メニューのパフェを食べてみた

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!2023年1月に月間50万PV。2023年の年間PVは約435万。当サイトではアフィリエイト広告を設置しています。



皆様にお願いがあります。もし余裕があるならば、荒川区のはなしの活動資金にご協力していただければと思います。
OFUSEで応援を送る

サイト内記事検索



グーグルマップを眺めていたら日暮里繊維街の近くに「cafe hopeful」というカフェがあることに気が付きました。2022年11月にオープンしたようなのですが、全くその存在に気が付きませんでした。それもそのはずで、営業日は何と日曜日の週に1回のみ。しかも、通常は服屋さんなので、外から見たらカフェらしい気配は全くないのです。先日ようやく訪問することができたのでレポートいたします。

スポンサーリンク

cafe hopefulの場所

まずはお店の場所を地図で確認してみましょう。

日暮里駅から徒歩7分、鶯谷駅から徒歩9分、三河島駅から徒歩10分くらいの場所です。日暮里繊維街がある日暮里中央通りから日暮里南公園方面にちょっと入ったところです。近くにはたこ焼き屋さんの継承などがあります。

店舗外観がこちら。

Untitled

水色の外壁が印象的です。ここは服屋さんの「ropa pura」です。店主が自分で作った服をここで販売しているそうです。この中に日曜日のみ営業しているカフェのcafe hopefulが入っています。服屋さんもカフェもどちらも店主の夢だったのだそうですよ。

ちなみに、服屋さんに関しては月曜日から土曜日までは完全予約制だそうです。カフェの営業もする日曜日は予約なしでも店内に入ることができますよ。

ropa puraの店内

まずは服屋としてのropa puraを見てみましょう。月曜日から土曜日は予約制なのでふらりとお店に入って服を見ることはできませんが、日曜日は予約無しで気軽に店内に入ることができます。入口横のディスプレイから素敵なのですよ。

Untitled

店内にはたくさんの素敵な服があります。

Untitled

ちょっとレトロなイメージでしょうかね。

Untitled

色合い、柄、ラインが特徴的で、このようなデザインが好きな方は多いのではないでしょうか。

一番奥には工房スペースもあります。

Untitled

ここで先程見たような素敵な服が生まれると想像すると何だかワクワクしてきます。

スポンサーリンク

cafe hopefulのメニュー

服屋さんのropa puraの一角にカフェのcafe hopefulもあります。

Untitled

2人が座れるくらいのカウンターがあります。よく見るとカフェとしての機材がしっかり揃っているのです。服屋さんとしてもカフェとしても相当なこだわりがあることがよくわかりますよ。

メニューを見てみましょう。

Untitled

・ドリップコーヒー
・デカフェ
・紅茶(アールグレイ)
・紅茶(ディンブラ)
・ほうじ茶ラテ
・ミルクココア
・ビール
・ワッフル

全て500円というわかりやすい値段設定です。

また、お店の外にはこのような窓があります。

Untitled

ここに設置されているボタンを押すとテイクアウト用の注文もできるようになっていました。テイクアウトのメニューはこちら。

Untitled

店内のメニューからちょっと品数は少なくなっていますが、値段は一緒の500円です。ここでテイクアウトして、すぐ近くの日暮里南公園で飲むなんてのもいいですね。

今回筆者はパフェを注文しました。1000円です。しかし、メニュー表にはパフェという表記はありませんでしたよね。お店の方によるとパフェを作るためにクリームが必要なのですが、お店の規模が小さいためにたくさんストックすることもできないそうです。そこで数量限定の裏メニューとしているとのことです。筆者は11時の開店直後に注文しました。

服屋さんが本気で作ったパフェ!

注文後、生クリームを作るところからスタートします。時間がかかるので店主の作業を眺めながらのんびりと待つといいでしょう。

しばらくしてできたパフェがこちら。

Untitled

甘いもの好きな服屋さんが本気で作ったパフェです。フルーツメインではなく、生クリームとアイス、チョコケーキ、そしてクッキーがメインですね。

Untitled

さくらんぼとベリーの赤が色合いのアクセントになっていました。最初にどこから食べようか迷いましたが、山のてっぺんにある生クリームからにしました。

Untitled

メープルシロップがかかっていて、ベリーも一緒にすくえました。甘さの中に酸味もあって、この一口だけで美味しさをたっぷり感じることができました。このあとはチョコアイスやチョコケーキ、クッキーなどの甘いものが連続します。徹底的にどこまでも甘いものを食べることができるので満足度が相当高いです。ここが本来は服屋さんということをすっかり忘れちゃいました。でも、カウンター席の背後には先程紹介した素敵な服がたくさんあります。甘いもの好きな方にも服好きな方にもお勧めのカフェですね。

何度もお話していますが、カフェの営業は日曜日のみです。かなりレアですのでご注意ください。

cafe hopeful

営業時間:11:00-18:00
営業日:日曜日のみ
住所:東京都荒川区東日暮里5-21-6
ropa pura
Twitter

その他の荒川区内の美味しいもの情報はこちらから。
グルメ情報

ぜひシェアしてください!

スポンサーリンク

皆様にお願いがあります。もし余裕があるならば、荒川区のはなしの活動資金にご協力していただければと思います。
OFUSEで応援を送る



Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集



PR記事一覧
東日暮里にある青木工業株式会社がお得な特典満載なエアコン購入キャンペーンを実施!【PR】
町屋駅前にあるPlus1bicyclesのクロスバイクを無料試乗して荒川区内を巡ってみた【PR】
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】

荒川区のはなしの中の人は荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。当サイトではアフィリエイト広告を設置しています。記事内の情報は記事執筆時のものです。正しい情報をお伝えする努力はしていますが、間違った内容もあるかもしれません。特に営業時間と定休日に関しては保証できかねます。読者の方が紹介した店舗等に訪れた際の不利益、リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。ご了承ください。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム