【注意喚起】「総合消費料金未納分訴訟最終通知書」なるハガキが届いても無視をしましょう #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

ここ数日、荒川区内でもこのようなハガキが届いているという報告が多数あるようです。

内容を確認しましょう。

総合消費料金未納分訴訟最終通知書

管理番号(わ)XXX
この度、貴方の未納されました総合消費料金について、契約会社及び、運営会社から、訴訟申し入れされたことを本状にて通知いたします。
下記に設けられた、裁判取り下げ最終期日までにご連絡無き場合、管轄裁判所から裁判日程を決定する呼出状が発行され、記載期日に指定の裁判所へ出廷となります。
尚、裁判を欠席されると相手方の言い分通りの判決が出され、執行官立会いのもと、貴方の給与、財産の差し押さえなどの恐れがございますので、十分ご注意ください。
民事訴訟及び、裁判取り下げなどのご相談に関しましては当センターにて承っておりますので、下記窓口へお問い合わせください。
尚、個人情報保護の為、ご本人様からご連絡頂ますようお願い申し上げます。
取り下げ最終期日 令和元年5月XX日
民事訴訟管理センター
東京都千代田区霞が関3丁目1番7号
消費相談窓口 03-4218-7007
受付時間 9:00~18:00(日・祝を除く)

結論から言いますと、このハガキの内容は完全に無視してください。裁判についてハガキがぽんと送られてくるなんてことはないです。架空請求のための詐欺ハガキですね。

以下突っ込みどころも挙げておきます。

・総合消費料金 ← 意味不明
・民事訴訟管理センター ← 存在しない
・千代田区霞が関3-1-7 ← 存在しない住所(霞が関3-1には財務省があります)
・ハガキ印刷のクオリティが低い

まとめますと、このハガキは完全無視で問題ありません。ハガキに記載されている最終期日が過ぎても何も起きません。もしお近くの高齢者宅などでこのようなハガキが届いたという方がいたら、無視するようお伝え下さい。文面はとても怖いものではありますが、全く根拠がないものです。電話をかけて個人情報を伝えたりすると、実際の被害にあうことになってしまうかもしれません。ネットで検索すれば詐欺であることがすぐにわかりますが、インターネットを普段使っていない方はつい電話問い合わせをしてしまうかもしれません。心配ならば警察や荒川区消費生活センターにご相談ください。

荒川区消費生活センター
東京都荒川区荒川2-2-3 荒川区役所6階
9305604-7055
平日 8:30-16:30(昼休み 12:00-13:00)

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ