2019年6月29日(土)、町屋駅近くにタピオカ専門店の沁涼茶品がオープン #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

2019年6月29日(土)、町屋駅近くにタピオカ専門店の沁涼茶品がオープンします。

沁涼茶品とは

沁涼茶品はタピオカドリンクの本場である台湾南部の味が楽しめるお店です。現在は三軒茶屋にて土日のみの営業を行っています。スタップも台湾南部出身で、茶葉も台湾のものですので、まるで台湾でタピオカドリンクを飲んでいるかのような気分にさせてくれそうです。

Sponsored Link

沁涼茶品のタピオカドリンク

三軒茶屋ではどのようなタピオカドリンクが販売されているのでしょうか。例えば次のようなものがあります。

写真を見るだけですごく美味しそうに感じます。これは期待大ですよ。

町屋の沁涼茶品の場所

それでは沁涼茶品は町屋のどこにお店を構えるのか見ていきましょう。町屋駅から都電通りを熊野前方向に進んでいきます。徒歩で2、3分すると洋品店と藤家があり、その間に沁涼茶品がオープンします。

Untitled

現在はシャッターが降りていて、外装の工事も行われていない状態ですので、ここにタピオカ屋さんができるとはなかなかイメージしにくいです。でも、シャッターにはこの2枚の貼り紙があります。

Untitled

うっかりすると見逃しそうな感じです。地図で場所を確認してみましょう。

住所は荒川区荒川6-20-10です。線際ですので確実にトレインビューなタピオカ専門店です。

Untitled

オーナーが町屋出身

シャッターに貼られた案内を見てみましょう。

Untitled

店舗スタッフは台湾出身の方ですが、実はオーナーが町屋出身なのだそうです。地元に戻ってきてお店をオープンさせるなんて夢のような話ですね。

まとめ

以上のように、沁涼茶品は2019年6月29日(土)にオープンするわけですが、町屋が一気にタピオカ激戦区になってきましたね。3軒のタピオカ専門店がしのぎを削るようになるわけです。それぞれのお店が独自のスタイルで僕たちを楽しませてくれることを期待したいです。

沁涼茶品
東京都荒川区荒川6-20-10
11:30-18:00
定休日未定
公式ウェブサイト
Facebook
Instagram

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ