荒川区南千住にある素盞雄(すさのお)神社の井戸ポンプに「飛鳥乃杜 御神水」と書かれたカバーがつきました #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

荒川区のはなしの管理人は井戸ポンプマニアです。全国各地にある井戸ポンプを訪ね歩いて撮影していまして、もちろん荒川区内も日々チェックしております。区内にはそんなに数はないのですが、印象的なものがいくつかあります。例えば南千住の素盞雄(すさのお)神社です。手水舎の裏手に銀色に輝くポンプがあります。

素盞雄神社の井戸ポンプ

とろころが、先日(2019年6月17日)訪れた時にはそのポンプが見えなくなっていました。

DSC_5202c

Sponsored Link

ポンプを全体的に覆うようにカバーが作られていました。見えるのは絵の先っぽと水の吹出口のみですね。

DSC_5199c

このカバーには「飛鳥乃杜 御神水」と書かれています。

DSC_5201c

素盞雄神社の御祭神は素盞雄大神と飛鳥大神です。江戸時代には飛鳥社小塚原天王宮とも呼ばれていたようです。そこから飛鳥乃杜はきているのですね。カバーが付いたことでポンプの姿は見えなくなりましたが、神秘性は増したように感じました。水神様もきっと喜んでいることでしょう。

DSC_5200c

素盞雄神社をお参りする際はこの井戸ポンプもぜひ見てみてくださいね。

素盞雄神社
東京都荒川区南千住6-60-1
03-3891-8281

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ