荒川区南千住にある素盞雄神社(すさのおじんじゃ)では七五三詣のフォトスポットが用意されています #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

荒川区南千住にある素盞雄神社(すさのおじんじゃ)では七五三のお参りをする家族の姿を多数見かけるようになっています。境内ではフォトスポットの用意もなされています。拝殿前には「祝七五三詣」とかかれた台があります。

Untitled

また、拝殿正面には碁盤の儀もできるようになっています。

Untitled

碁盤の儀とは次のようなものです。

Sponsored Link

「平安時代から伝わる「着袴の儀」の一儀式。碁盤を社会に見立て、両の足でしっかと立ち踏みしめ、碁盤の目のように筋目正しくと祈ります。」

Untitled

この碁盤の儀の場所は絶好のフォトスポットにもなっています。どのように撮影したらいいかのアドバイスもちゃんとあるのは嬉しいですね。

Untitled

姿勢を低くするのがポイントだそうですよ。これから七五三詣をする予定がある方はぜひチャックしてみてください。

素盞雄神社(すさのおじんじゃ)
東京都荒川区南千住6-60-1
03-3891-8281

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ