尾竹橋通りに残る荒木田新橋の遺構を発見!同時に江川堀の暗渠もちょこっと探索してみた #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

町屋駅から隅田川方面へ尾竹橋通りを歩いている時に道の両側に橋の遺構らしきものがありました。

荒川区情報

近づいてよく見てみましょう。

荒川区情報

やっぱり橋の親柱ですね。橋の名前は、、、

荒川区情報

Sponsored Link

うーん、判別が難しい。ネットで調べてみると「荒木田新橋」という橋だということがわかりました。荒木田交番というのも現在もありますよね。現在では失われてしまった地名がここに残っています。反対側の親柱には「昭和六年」の文字が見えました。

荒川区情報

ここでスマートフォンアプリの東京時層地図で戦前期の地図を確認してみましょう。

確かにここに川が流れているのが確認できますね。尾竹橋通りのところにちゃんと橋もかかっています。東側は東尾久の満光寺あたりから川が始まり、西側は隅田川に流れ込んでいます。それでは荒木田新橋から東側に向かって歩いてみて、川の痕跡を探してみましょう。歩き始めてみると、道が緩やかにカーブを描いているのがわかります。

荒川区情報

荒川区情報

意図的にこのようなカーブの道を作るとは考えにくいので、ここはまさに川の跡ですね。川に蓋をして暗渠となっているのでしょう。道の曲がり具合だけでなく不自然な段差も見つけました。

荒川区情報

荒川区情報

これは土手の跡ですかね。

さらに東側に進んでいくと遊歩道がありました。

荒川区情報

江川堀プロムナードです。

荒川区情報

先程よりもさらに川らしさが現在でも残っている道になっていました。

荒川区情報

今回は時間の関係上探索はここまでしかできませんでしたが、江川堀は先程もお話したように満光寺から隅田川に抜けていますので、まだまだ川跡は調査する必要があります。荒木田新橋以外にも橋の跡があるかもしれませんので、今後はさらに調査をしてみようと思っています。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ