2012年5月21日、東京都荒川区でも観測することができた金環日食

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!



友だち追加





荒川区内でGo To Eat特集!
Go To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券の購入方法
荒川区内でGo To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券が使用可能な店舗一覧
Go To Eatキャンペーンのポイントはここで使おう! 「荒川区のはなし」がお勧めする東京都荒川区内の飲食店9選




2012年5月21日。この日付を見ただけで何があったのかわかる方は相当な天体マニアでしょう。でも、実はこの日は天体現象好きな人だけでなく、たくさんの人々が空を眺めたはずなのです。そう、東京都内でも金環日食が観測されたのです。

2012年5月21日、東京都荒川区でも観測することができた金環日食

太陽の前を月が通って、太陽が覆われてしまう現象が日食です。部分的に隠れる場合は部分日食と言われます。では金環日食とはどんなものでしょうか。太陽の前に月が完全に入るのですが、完全に太陽が隠れるのではなく、月の周囲にまるで金の輪っかのように太陽の光が残る日食です。天体に詳しくないのでかなり適当な説明ですが、イメージは伝わるでしょうか。

東京都荒川区でも2012年5月21日はみごとな金環日食を見ることができました。皆さん、覚えていますか?僕は尾久の原公園に見に行ってみました。

Sponsored Link

撮影を開始したのは7:16です。

DSC_2565c

既に日食が始まっていますね。

次は7:21。

DSC_2580c

少しずつ太陽の面積が小さくなっていきます。あ、夜のように暗いのは、太陽というものすごく明るいものを撮影するためにレンズにフィルタをつけているからです。実際には明るく見えています。

7:30。

DSC_2595c

かっこいい。まるで指輪のようです。これが現実に荒川区内でも見られたなんて今思い返しても鳥肌が立ってきます。

7:32。

DSC_2602c

ついに金環状態になりました。2012年の金環日食は東京(島しょ部を除く)では1839年以来、実に173年ぶりのことだったそうです。そんな歴史的な瞬間に立ち会えたことは最高に感動的でした。

7:34。

DSC_2610c

この時間がおそらく食の最大の時です。きれいに均等に光の輪っかができているのがわかるでしょうか。この後7:37には金環日食が終わりました。約5分間の圧巻の天体ショーでした。

今(2020年)から8年前のお話ですが、もしかしたら忘れている方もいるかもしれません。この写真を見て、皆さんがどこでこの金環日食を見たのかぜひ思い出してみてくださいね。

ちなみに、次に日本で金環日食が見られるのは2030年6月1日に北海道においてです。東京だと2312年4月8日になります。そこまで生きるのは不可能ですので、2030年の北海道に期待したいと思います。




・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】



友だち追加

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!