あらかわ遊園の観覧車は直径40m!その全貌が明らかになりつつあります

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加


東京都荒川区西尾久にあるあらかわ遊園は2021年夏頃のリニューアルに向けてただ今工事中です。大型遊具のほとんどが更新されます。その中でも観覧車はあらかわ遊園のシンボルと言ってもいい存在でしょう。先日骨組みが円形になったことも報告しました。
あらかわ遊園の新しい観覧車の骨組みが円形になった!(2021年夏頃にリニューアルオープン予定

ところが、2020年の4月も終わりになることに、円形の骨組みがさらなる巨大化を遂げたのです。

あらかわ遊園の観覧車は直径40m!その全貌が明らかになりつつあります
(読者投稿写真 tsukadarinさん撮影)

元々の観覧車の大きさはこの写真にある通りでした。

夜のあらかわ遊園

Sponsored Link

4月17日の段階ではこのような形になりました。

あらかわ遊園の観覧車は直径40m!その全貌が明らかになりつつあります
(読者投稿写真 tsukadarinさん撮影)

写真の撮り方が異なるので単純な比較はできませんが、だいたい同じ大きさだと思われます。

それが4月25日になると。。。

あらかわ遊園の観覧車は直径40m!その全貌が明らかになりつつあります
(読者投稿写真 tsukadarinさん撮影)

え!?さらに巨大化している!17日の段階でほぼ完成に近づいたと思いきや、実はまだまだ内側の骨組みで、外側が継ぎ足されるとは。

そして4月29日に撮影した写真です。

あらかわ遊園の観覧車は直径40m!その全貌が明らかになりつつあります
(読者投稿写真 tsukadarinさん撮影)

ついに外側の大きな骨組みも繋がって、巨大な円形ができあがりました。

アリスの広場側からも見てみましょう。

あらかわ遊園の観覧車は直径40m!その全貌が明らかになりつつあります
(読者投稿写真 tsukadarinさん撮影)

直径が40mにもなるそうです。これまで以上に長い時間の空中散歩を楽しめるようになりそうです。しかもこれから取り付けられるゴンドラにはエアコンが入るとのことです。夏は暑く、冬は寒いというのがあらかわ遊園の観覧車ではありましたが、これが一気に近代化します。完成がすごく楽しみですね。

※今回の記事はtsukadarinさん撮影の写真で構成しました。投稿ありがとうございます!

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ