東京都荒川区で実際にPCR検査を受けた体験談

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加


東京都荒川区のPCRセンターでPCR検査を受けてきました。その結果、陰性でした。ここではPCR検査の結果が出るまでの経緯をレポートします。

東京都荒川区で実際にPCR検査を受けた体験談

症状の経緯

最初に感じたのは喉の痛みでした。その翌日から発熱があり、3日間36.8度から37.5度を行ったり来たりしていました。その後はたまに37.0度になるくらいで、それがさらに4日続きます。その間喉の違和感はある状態でした。ずっと体の倦怠感は続いていました。味覚や嗅覚は正常でした。

まずは保健所に電話

荒川区の公式サイトに新型コロナウイルス感染症 相談窓口・予防方法のページがあります。
新型コロナウイルス感染症 相談窓口・予防方法/荒川区公式サイト

ここによると「かかりつけ医がいない場合は新型コロナ受信相談窓口(帰国者・接触者相談窓口センター)に相談してください」とあります。筆者はかかりつけ医がいないので、この窓口に電話することにしました。

荒川区保健所 03-3802-424
 平日 8:30-17:15

ここで聞かれることは次のようなものです。

・症状
・最近の渡航経験
・最近の渡航経験者との接触
・感染可能性がある場所に行ったか

筆者は最近海外に行っていないし、海外からの帰国者との接触もありません。感染可能性があるような場所にも行っていません。筆者は人との接触がほとんどありませんしね。そこで症状からまずは病院での受診を勧められました。ここで2つの病院を紹介してもらいました(仮にA医院、B医院とします)。

かかりつけ医がいる場合は、直接その病院に電話していいでしょうね。

Sponsored Link

A医院に電話

まずはA医院に電話してみました。ここでは発熱を伴う風邪の症状を診る時間帯が決まっていました。ところが、筆者が電話したタイミングが悪かったのか、翌日は休診日で、最短での翌々日になってしまうとのことでいした。できるだけ早く診てほしかったので、ここでの受診は諦めることに。

B医院に電話

次のB医院は、診ることはできるけれども準備が大変とのことでした。何となく乗り気ではない雰囲気だったので諦めることに。

再び保健所に相談

先程紹介してもらった病院での経緯を話して、別の病院を紹介してもらいました。C医院とします。

C医院に電話

ここではすんなりと話が進んで、翌日に受診の予約が取れました。電話で聞かれたのは保健所と同じようなことです。

・症状
・最近の渡航経験
・最近の渡航経験者との接触

C医院で受診

保健所に相談した翌日、C医院で受診しました。問診、喉の腫れの確認、血中酸素飽和濃度を診てもらいました。血中酸素飽和濃度は98%でした。「おそらくは風邪だろうけど、PCR検査してみます?」と聞かれたので、検査を受けることにしました。ただし、C医院ではPCR検査は行っていません。荒川区医師会が開設しているPCRセンターで検査を受けることになりました。検査の日程はC医院での受診日の翌日です。

荒川区のPCRセンターでPCR検査

荒川区のPCRセンターの場所は非公開ですので、ここでは内容のみに言及します。

センターに行く際は公共交通機関ではなく徒歩、自転車、自家用車などを利用するように言われました。筆者は自転車で行きました。

検査予約時間は11:18などのように、細かい時間を指定されます。分単位で動いているのですね。実際、筆者がPCRセンターに行った際にはわずかな時間差で次から次へと受診者が来ていましたね。

さて、実際の検査はインフルエンザの検査と同じようなものです。鼻の奥をぐりぐりするやつですね。結構痛いです。でも一瞬ですよ。

検査が終わって、医師から簡単な説明があって、この日の予定は終了です。検査が始まってから3分もかからなかったのではないかと思います。検査結果は2日後に受診したC医院から電話連絡すると言われました。

帰宅したから気が付きました。あ、お金払っていない。荒川区のPCRセンターでの検査は無料のようですね。

C医院から検査結果の連絡

PCR検査から2日後、保健所に相談してから4日後に最初に受診したC医院から電話連絡がありました。

結果は、陰性、です。

仮に陽性だった場合にどうしようと不安だったのですが、これで一安心です。ただ、この検査の結果が陰性だったからといって、これからずっと陰性が続くわけではありません。偽陰性の問題もありますしね。引き続き感染対策をしっかりして、日々の生活を気をつけることに変わりはありません。

まとめ

風邪の症状が1週間続いたことからPCR検査をして、その結果、陰性と判断されました。しばらく不安な日々ではありましたが、これでちょっと安心できました。まだ喉の違和感は残っているので、引き続き自宅でおとなしくすることにします。皆さんも風邪のような症状があったら、まずはかかりつけ医または保健所に電話で相談してみてくださいね。

スポンサーリンク


・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集


この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム