日暮里のアジアン商店で販売されている台湾で人気の「はもの缶詰」をはも丼にして食べてみた

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加



サイト内記事検索

鱧(はも)ってよく食べますか?先日自宅で缶詰のはもを使って、はも丼にしてみました。実はこの缶詰は台湾で人気のものなのだそうですよ。実際に食べてみると台湾の香りと味がしてなかなか美味しかったのでうレポートします。

日暮里のアジアン商店で販売されている台湾で人気の「はもの缶詰」をはも丼にして食べてみた

台湾のはもの缶詰

この缶詰は東京都荒川区の日暮里駅近くにあるアジアン商店で購入しました。

Untitled

箱入りです。その箱には日本語しか書かれていませんが、輸入した会社が日本市場向けにわかりやすいパッケージにしたのだと思います。箱の中身を取り出してみると、台湾の言葉と英語で説明が書かれた缶詰が入っています。

Untitled

Sponsored Link

蓋を開けて中身を見てみましょう。

Untitled

おお、これがはも!見て目は秋刀魚の蒲焼の缶詰のようでもあります。でも、香りが全然違うのですよ。開けた瞬間から台湾の匂いが漂ってきました。八角からと思ったのですが、原材料には特に記載はありませんでした。

Untitled

はも丼にしてみたら美味しい!

缶詰なので開けた瞬間からそのまま食べることができます。でもせっかくなのではも丼にしてみることにしました。ご飯の上に刻み海苔を敷き、その上にはもとゆで卵を置いてみました。

Untitled

きゅうりや漬物などが好きな方はさらに添えると彩りもよくなるでしょうね。筆者はそれらがあまり得意ではないので、このままで十分です。

一口食べてみると、ほんのりピリ辛感があります。本当にほんの少しです。原材料名に記載されていたとうがらし粉ですかね。さらに八角の風味も感じるのですがやはり気のせいでしょうか。とにかく、完全に台湾の味なのですよ。さらに無茶苦茶柔らかいのです。パッケージに「骨まで柔らかい旨煮込み」とか言ってあったのはまさにその通りです。しかも美味しい!ご飯がすごくすすみます。

同じアジアン商店で販売されている魯肉飯よりも台湾らしさがあるかもと思いましたね。
缶詰の魯肉飯!手軽に台湾の味を自宅で楽しもう! | 荒川区のはなし

両者に共通しているのは、どちらも美味しいということです。

まとめ

はもってこれまで食べた記憶がありません。もしかして意識せずに食べていたかもしれませんが、おそらくこらが初めての経験でした。台湾風味のはもはなかなか美味しかったですよ。台湾のスーパーやコンビニでは必ずあるというくらいの人気商品なのだそうです。こうして日本で手軽に食べられるのは嬉しいですね。ちなみに、アジアン商店での販売価格は1個259円(税抜)です。興味がある方はぜひ買い物に行ってみてください。

アジアン商店
10:00-19:00
年中無休
東京都荒川区西日暮里2-17-10 1F
03-6458-3854

Instagram
Twitter

通販もやっています。
アジアン商店日暮里店 – Yahoo!ショッピング

 
スポンサーリンク


・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】



この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム