西日暮里駅近くにある刺身屋新太郎 本店で豪華なランチのお弁当をテイクアウトしてみた!お刺身や唐揚げの美味しさにリピート決定

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加



サイト内記事検索

テイクアウトのランチでも美味しいお刺身が食べたくなりました。そこで向かったのが西日暮里駅の近くにある刺身屋新太郎 本店です。店名の通り、お刺身がメインのお店ですね。豪華なランチメニューで評判ですが、実は同じものをテイクアウトすることもできるのです。先日筆者は「お刺身五点盛&カニクリームコロッケと若鶏唐揚げ」をテイクアウトしてみましたのでレポートします。

DSC_7661c

刺身屋新太郎 本店の場所

刺身屋新太郎 本店は西日暮里駅から尾竹橋通りを町屋方面に2、3分歩いたところにあります。通りからはほんのちょっとだけ路地を入ります。まずは地図を御覧ください。

通りにも看板が出ているのでどこで曲がるかはすぐにわかると思います。店構えも特徴的なので、そんなに迷うことはないかな。

Untitled

ちなみに、刺身屋新太郎には西日暮里駅前支店(マップ)と日暮里支店(マップ)もあります。

Sponsored Link

刺身屋新太郎のランチメニュー

筆者が訪れた日のランチメニューはこちらでした。

Untitled

A)たっぷり細切り野菜の油淋鶏&新鮮いわしの生姜煮 800円
B)牛肉鉄板チンジャオロースー&アジフライタルタルソース 850円
C)海鮮ばらちらし寿司&極みあさり味噌汁大名枕 900円
D)お刺身五点盛&カニクリームコロッケと若鶏唐揚げ 950円

その他、焼き魚定食や新太郎名物定食もあります。店内で食事する場合はごはんの大盛り、おかわりは無料のようですね。

今回筆者はDのお刺身五点盛&カニクリームコロッケと若鶏唐揚げを注文しました。

お刺身五点盛&カニクリームコロッケと若鶏唐揚げ

自宅に持ち帰ってから食べることにします。蓋を開けたらそこには絶景がありました。

DSC_7656c

すんごい豪華です。無茶苦茶美味しそうですよね。950円という値段は荒川区内のランチとしてはちょっと高めではありますが、その価値は十分過ぎる程あると感じました。

ではそれぞれのコーナーを見ていきましょう。まずはメインのお刺身です。

DSC_7661c

マグロ、サーモン、エビ、ホタテ、タコの五点盛りです。

次はカニクリームコロッケと唐揚げ。

DSC_7657c

最後はサラダと漬物です。

DSC_7660c

テイクアウトのお弁当にこれだけたくさんの種類の食材が入っていたらかなりテンションが上がります。

それではいただきましょう。

DSC_7663c

あぁ、これは最高の幸せです。こんなに美味しいお刺身が自宅で食べられるだなんて。どれもこれも食べる度に思わずニンマリしちゃいます。

さらにカニクリームコロッケと唐揚げのレベルの高さにもびっくりです。特に唐揚げの柔らかさときたら、もう何個でも食べたくなっちゃうものでした。

ごはんの量もいっぱいですんごく食べごたえがあります。これで950円ならばむしろ安いかなとも思っちゃいました。これは確実にリピートしますね。西日暮里周辺で美味しいランチをテイクアウトしたいならば要チェックのお店ですよ。

まとめ

刺身屋新太郎 本店のランチは本気度合いをピリピリと感じました。これだけハイレベルなものを出しているので、お客さんが次から次へと入ってきていたのも頷けます。この味をテイクアウトできるのも嬉しいですね。自宅やオフィスでぜひ新太郎のランチをお楽しみ下さい。

刺身屋新太郎 本店
11:00-14:00
17:00-23:00
東京都荒川区西日暮里5-7-1 瀬戸ビル1F
03-3891-4691

 
スポンサーリンク


・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】



この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム