江戸・東京の伝統野菜 三河島菜のタネが常磐線の三河島駅で配布中

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加



サイト内記事検索

JR常磐線の三河島駅にて三河島菜のタネを配布中です。

Untitled

三河島菜は江戸・東京の伝統野菜だそうです。実は三河島駅ではその栽培をしていて、今回タネが収穫されました。希望者には改札窓口で配布しています。

筆者もいただいてきました。これが三河島菜のタネです。

Untitled

Sponsored Link

小さいですよね。これがこんなに大きくなるそうですよ。

Untitled

育て方についての説明書きは袋の中に入っています。

Untitled

意外に簡単そうです。しかも、10月にタネを蒔き、11月下旬から12月中旬に食べ頃になるというので、すぐに食べられちゃいますね。筆者も育ててみます。

気になる方はぜひ三河島駅に行ってみて下さい。

Untitled

2020年10月9日現在、まだたくさんあるそうです。ただ、状況によっては早めになくなってしまうかもしれないとのことなので、お早めにどうぞ。

そしてもう一つ気になるのはこのキャラクターです。

Untitled

みかわしまーなです。筆者は初めて見ましたが、だいぶ前に登場していたようですね。

 
スポンサーリンク


・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】



この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム