京成のガード下にある幸楽苑 荒川町屋店でランチ #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

日暮里から町屋にかけて京成線のガード下には商店や一般住宅等がありました。高架の耐震工事をすることになり、それらは全て撤去されて、ガード下はしばらく何もない空間となっていました。最近になって少しずつ店舗などが入ってくるようになりまして、そのひとつが幸楽苑 荒川町屋店です。先日そこでランチを食べてきました。

幸楽苑 荒川町屋店の場所

幸楽苑 荒川町屋店は京成の町屋駅からガードに沿って新三河島方面に行き、尾竹橋通りにぶつかるすぐ手前にあります。

花の木交差点のところですね。こちらが外観です。

幸楽苑 荒川町屋店

Sponsored Link

店舗の左右に駐輪場があります。

幸楽苑 荒川町屋店

幸楽苑 荒川町屋店

また、店舗の右側には専用の駐車場もあります。

幸楽苑 荒川町屋店

店舗利用の場合60分無料で、店舗利用者以外は有料となります。

幸楽苑 荒川町屋店

店内にはテーブル席とカウンター席があります。お一人様でも家族連れでも大丈夫ですよ。

幸楽苑 荒川町屋店のランチメニュー

今回はランチでの利用でした。メニュー(の一部)がこちらです。

幸楽苑 荒川町屋店

ランチメニューは平日の10:45から17:00まで提供されています。セットもいくつかありますね。今回は中華そばと餃子がセットになった新・極上中華そば餃子ランチを注文してみました。

その他の単品メニューはこのようなものがあります。

幸楽苑 荒川町屋店

新・極上中華そば餃子ランチ

まずは極上中華そばが出てきました。

幸楽苑 荒川町屋店

チャーシューは2枚入っています。すんごくシンプルな見た目ですよね。昔ながらのラーメン屋さんで出てくるもののようで、何だか懐かしくもあり、とても落ち着きます。味もいかにもなものです。

幸楽苑 荒川町屋店

奇をてらわない、ストレートな味でしたよ。

次は餃子。

幸楽苑 荒川町屋店

餃子は6個です。醤油、お酢、ラー油はテーブルにあるのでお好みで作れます。

幸楽苑 荒川町屋店

餃子も安心の味です。中華そばとセットで食べるとかなりの満腹感が得られますよ。

まとめ

幸楽苑の中華そばと餃子は昔懐かしい感じのものです。安心の美味しさなので家族連れでも安心かも。こういうお店が町にひとつあると嬉しいですね。

京成のガード下ということもあって騒音が心配になるかもしれません。確かに電車が上を通るときには音がしますが、すぐに慣れてしまいます。次第にその音も気にならなくなってきましたよ。

幸楽苑 荒川町屋店
東京都荒川区荒川7-42-10
03-5615-2131
10:45-翌2:00(ラストオーダー1:30)
荒川町屋店 株式会社幸楽苑の公式ウェブサイトです。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ