2021年2月20日(土)にオープンする尾久図書館の屋外には読書用の椅子があり!ここに座ってドリンク片手に本を読んでみたい

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


荒川区内でGo To Eat特集!
Go To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券の購入方法
荒川区内でGo To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券が使用可能な店舗一覧
Go To Eatキャンペーンのポイントはここで使おう! 「荒川区のはなし」がお勧めする東京都荒川区内の飲食店9選




いよいよ2021年2月20日(土)に新しい尾久図書館がオープンします。
尾久図書館の移転オープン日時は令和3年(2021年)2月20日(土)10:00! | 荒川区のはなし

館内を外から見ると職員の方々が忙しそうに動き回っていました。さて、今回はこの新しい尾久図書館の気になるポイントを紹介したいと思います。それが、屋外にある椅子です。

2021年2月20日(土)にオープンする尾久図書館の屋外には読書用の椅子があり!ここに座ってドリンク片手に本を読んでみたい

この椅子に座って本を読みたい!

尾久図書館は館内から正面及び裏側にある玄関を使わなくても、館外に出られる構造になっているようです。館内の図書を持ち出してこの椅子に座って読むことができるのでしょう。写真だと小さくて見えないですが、テーブルにある注意書きには蓋付きのドリンクはここで飲むことができるようです。ペットボトルはOKということでしょうね。暖かい日ならば、ここで優雅に飲み物片手に本を読むなんてすごくいいかも。筆者もぜひ体験したいです。

Untitled

深く腰掛けるタイプの椅子も

また、別の場所には異なる形状の椅子もあります。

Untitled

2階のテラス席にもありますね。この形の椅子は筆者は初めて見ました。座り心地がいいのかな。自然と深く腰掛けるようになるデザインでしょうね。

筆者はこれらの椅子がすごく気になっています。図書館の本は屋内で読むというイメージがありましたが、尾久図書館はあえて屋外で読むことができるようになっているのがなかなか面白いと思っています。基本的に日中は日当たり良好ですので、春はきっとすごく気持ちがいいと思いますよ。

Untitled

この新しい尾久図書館のオープン日は2021年2月20日です。お近くの方はぜひご利用下さい。

尾久図書館

開館時間:平日 9:30-19:30
     土日祝 9:30-17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌日以降の平日)、第2木曜日、年末年始、特別整理期間
住所:東京都荒川区東尾久8-45-4
電話:03-3800-5821




・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】



ぜひSNSでこの記事をシェアして下さい!

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム