【荒川区の名建築】90年以上の歴史がある日光街道沿いの梅沢写真会館 #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

荒川区内にも素敵な建物がたくさん残っています。個人的に好きなのが三ノ輪の梅沢写真会館です。

梅沢写真会館

梅沢写真会館は東京さくらトラム(都電荒川線)の三ノ輪橋停留所から日光街道に抜けたところにあります。この看板の先に行きましょう。

梅沢写真会館

そこに最初にあげた写真の建物があります。現役の写真館です。

Sponsored Link

お客さん以外は内部に入ることはできないので、外から見てました。実はこの建物は都電の前身である王子電気軌道の事務所だったのだそうです。三ノ輪橋からほぼ直結なので立地的にはとてもよかったのでしょう。旧三ノ輪王電ビルディングと言ったそうです。昭和2年(1927年)に建てられたとのことなので、もう90年以上の歴史があります。

このビルの特徴は日光街道と三ノ輪橋電停側を結ぶ通路があることですね。

梅沢写真会館

この通路の中には今でもやっているお店もあります。

梅沢写真会館

以前はシャッターが閉まっているところも何かしらのお店があった記憶があるのですが。。。

梅沢写真会館

次に三ノ輪橋電停側から見てみます。

梅沢写真会館

日光街道側には凝った意匠がありましたが、こちらはシンプルですね。外階段もあります。かつてはこの階段から電停へと向かっていたのでしょうかね。

ビルの一番上の部分に小さいながらも梅沢写真会館の看板も出ています。

梅沢写真会館

やっぱり表側に比べると地味ですね。

このビルは外観については見るのは自由なので、ぜひ注意して見ていただきたい建物です。

梅沢写真会館
東京都荒川区南千住1-15-6
03-3891-5925

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ