西日暮里に「紅茶専門店 Cha Tea」がオープン!イギリスがギュッと詰め込まれた空間をレポートします

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サンポップマチヤ25周年特別企画
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】

Amazonギフト券をもらおう!
ご近所特化型SNS「地区トーク」がスタート!最大1万円分のAmazonギフト券がもらえる「荒川区のはなし」とのコラボキャンペーンも開始

写真お届け企画スタート!
あなたの店舗や事務所等に「荒川区のはなし」の中の人が撮影した写真を飾りませんか?A4サイズ1枚を無料提供します!

荒川区内のお得なキャンペーン特集!
荒川区内でGo To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券が使用可能な店舗一覧
Go To Eatキャンペーンのポイントはここで使おう! 「荒川区のはなし」がお勧めする東京都荒川区内の飲食店9選




西日暮里の諏訪台の上に小さな紅茶専門店が2021年4月1日にオープンしました。「紅茶専門店 Cha Tea」です。このエリアは以前は古い住宅が立ち並んでいたのですが、最近は新しい家屋がどんどんできています。その中でも明らかに周囲とは異なる雰囲気の建物がCha Teaです。イギリス建築の専門家が設計したというその建物は西日暮里に英国の風を感じさせてくれます。筆者は偶然その前を通りかかったので取材させていただきました。徹底的にイギリスにこだわったお店をレポートします。

ここはイギリスの街角!?

諏訪台は西日暮里から日暮里へのJRの線路の西側にある高台です。諏方神社養福寺、かつて富士山が見えた富士見坂などがその上にありますね。諏訪台上の諏訪台通りに紅茶専門店 Cha Teaがオープンしました。

cDSC_8589

日本にはない雰囲気の建物ですよね。それもそのはずで、イギリス建築の専門家による設計なのだそうです。後ろ側の色の濃い建物は全く別物ですので、すごく細くて小さい建物というのもわかると思います。

建物の横にはベンチもあって、その下のピンクの敷石もかわいいですよ。

cDSC_8590

ちなみに、このCha Teaは通りの向かい側の奥にあるCha Tea 紅茶教室が店舗販売するために作られたものです。こちらが教室の建物です。

cDSC_8592

紅茶文化を学ぶ場所と紅茶を実際に販売する場所の2つが西日暮里に揃いました。

紅茶専門店の場所はこちらです。

西日暮里駅からも日暮里駅からも徒歩で5分くらいでしょうかね。

店内のカウンターに注目!

それではお店の中に入ってみましょう。店内はすごく狭いです。狭いけれども、そこにイギリスがぎっしりと詰め込まれているのですよ。まず注目していただきたいのはカウンターです。

cDSC_8573

狭い空間なので小さめのカウンターではあります。ぜひ見ていただきたいのはそこに描かれてるものです。

cDSC_8574

実はこの絵は実際の建物と全く同じ縮尺で描かれているのだそうです。建築家の方のこだわりがここにあります。もう一度店舗外観を見てみましょう。

cDSC_8589

建物の中にも建物があって、小さいながらも空間の広がりを感じさせてくれました。

紅茶がずらり!

販売されている紅茶は壁面の棚にずらりと並んでいます。

cDSC_8579

よく見るとパッケージがかわいいのですよ。お茶をテーマにした名画でデザインされています。

cDSC_8571

カウンターではケーキの販売も

先程の小さなカウンターではケーキなどの販売も行われています。

cDSC_8575
cDSC_8576

2階にあるキッチンでつくられた手作りケーキです。紅茶と合わせて購入して、自宅で優雅にティータイムなんていかがでしょうか。

ジャムなどの販売もあり

紅茶売り場の奥に続く廊下を進んでみましょう。

cDSC_8578

そこではジャムなどのコーナーがあります。

cDSC_8583

もちろんイギリスにこだわったものですよ。

ジャム、マーマレード、ケチャップ、マスタードなどが販売されてます。

cDSC_8585

茶器にも注目です

紅茶があった棚の上にド派手な茶器が置かれていました。

cDSC_8582

これはロシアのサモワールという湯沸かし器だそうです。実はロシアでも紅茶がよく飲まれているとのことなのです。実際にCha Teaの教室でも使用するそうです。

cDSC_8581

お茶会でこれが使われていたら絶対に優雅な気分になれますよね。

月に一度のアンティーク市

Cha Teaでは月に1回アンティーク市も開催するそうです。普段は入ることができない2階のスペースが会場になります。開催日等は後述売るSNS等でご確認ください。

なお、2021年4月は17日(土)に開催するそうです。
紅茶専門店Cha Tea 4月1日オープン | ChaTea 紅茶教室 公式ブログ

まとめ

小さな建物にギュッとイギリス詰め込まれた紅茶専門店 Cha Teaを紹介しました。谷中、根津、千駄木のいわゆる谷根千エリアの散策の際に立ち寄りやすい場所にあります。レトロを楽しめる街を訪れる際にはぜひCha Teaでイギリスも堪能してください。なお、店内にはカフェスペースはありませんのでご注意下さい。営業日については公式サイト等を確認するようにしてください。店頭にも今後の営業日は案内されています。

cDSC_8591

紅茶専門店 Cha Tea

住所:東京都荒川区西日暮里3-9-21

営業日等の確認はこちらから。
Twitter
Facebook
紅茶専門店ChaTea

その他の西日暮里地区に関する情報はこちらから。
西日暮里

その他の荒川区内の美味しいもの情報はこちらから。
グルメ情報






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム