三河島駅近くにある肉まん研究所はルーロー飯も美味しい!

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


最近台湾の名物のルーロー飯にはまっています。台湾まで食べに行くことはできませんが、荒川区内でも実は食べることができるお店があるのですよ。今回は三河島駅近くにある肉まん研究所のルーロー飯を紹介します。

肉まん研究所の場所

肉まん研究所はJR常磐線の三河島駅から徒歩で2、3分のところにあります。まずは地図を御覧ください。

駅からは近いのですが、ちょっとわかりにくい場所かもしれません。尾竹橋通りから荒川仲町通り商店街に入って少し歩くとアジアンキッチン&バー ママガルがあります。

Untitled

この角を右に曲がってすぐのところに肉まん研究所があります。

Untitled

のれんがかわいいですよね。お昼時にはお客さんがお店の前にいることが多いですよ。

肉まん研究所のメニュー

次にメニューを見てみましょう。

Untitled

基本的にいつでもほかほかの肉まんを購入することができます。豚まん、チーズ麻婆まん、さつまいもまん、四川味噌肉まん、キノコまんなどがあります。

メインの肉まん以外にも肉餃子やもち米肉団子もあります。さらに今回紹介するルーロー飯もあるのですよ。

Untitled

650円です。温泉卵は50円でつけることができます。肉まん研究所はテイクアウト専門店です。筆者は温泉卵をつけてルーロー飯をテイクアウトしました。

肉まん研究所のルーロー飯

自宅に持ち帰ってランチとして食べることにします。ちなみに、注文から受け取りまで5分程かかります。

こちらが肉まん研究所のルーロー飯です。

cDSC_8755

たっぷりのご飯の上に食べやすい小さめのサイズにカットされたお肉もたっぷりのっています。ほうれん草の緑が鮮やかですよね。

cDSC_8757

ルーロー飯は見た目が地味になりがちですが、どんな食材で色を加えるかでお店の個性が出ますね。今回は温泉卵もつけています。

cDSC_8759

なしなら650円、ありなら700円です。

それではいただきます。

cDSC_8761

実は容器の蓋を開けた瞬間は八角の香りがあまりしなかったのですよ。台湾っぽさは少なめかなと思ったのですが、ひとくち食べてみたら心も体も一気に台湾に飛んだかのようでした。柔らかくて甘みのあるお肉は口の中で八角の味と香りが広がります。これは美味しいですよ。しかも油っこさがあまりありません。すごく食べやすいですね。ほうれん草と一緒に食べると油の感覚はさらに少なくなります。温泉卵のまろやかさもありますしね。万人受けするルーロー飯だと思いました。

肉まん研究所ではやはり肉まんが大人気でしょうが、このルーロー飯も激しくお勧めしたい一品ですよ。あ、実は筆者は肉まん研究所で買い物をしたのはこれが初めてのことなので、肉まんを食べたことがありません。次回は肉まんもしっかり食べてみたいと思っています。

肉まん研究所

営業時間:10:30-19:00
定休日:月曜日
住所:東京都荒川区荒川3-46-11
電話:070-8456-2956(5個以上の注文から電話予約可)
肉まん研究所 – 三河島/肉まん・中華まん [食べログ]

その他の荒川区内の美味しいもの情報はこちらから。
グルメ情報

その他の荒川地区に関する情報はこちらから。
荒川






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム