オープンしたばかりの「みのわまちづくり工房」で鉄道写真家 中井精也さんの都電写真展が開催中

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


既報の通り、2021年9月16日にジョイフル三の輪にみのわまちづくり工房がオープンしました。
9月16日(木)、ジョイフル三の輪にギャラリー、コワーキングスペース、デザイン事務所が一体化した「みのわまちづくり工房」がオープン | 荒川区のはなし

そのギャラリースペースでは鉄道写真家である中井精也さんの都電荒川線の作品が展示されていましたのでレポートします。

みのわまちづくり工房の場所

まずはみのわまちづくり工房の場所から確認してみましょう。地図をご覧ください。

下町らしさ満点のジョイフル三の輪という商店街の中にあります。都電荒川線の三ノ輪倍停留所と荒川一中前の中間点くらいですかね。

施設の外観がこちら。

看板部分に注目してください。左側には「みのわまちづくり工房」とありますが、右側には「ゆる鉄画廊」と書かれています。そう、ここは以前は鉄道写真家である中井精也さんのギャラリーだった場所ですね。残念ながら2021年8月で閉店となってしまいましたが、その後を受け継いだのがこのみのわまちづくり工房です。

中井さんの都電写真展

みのわまちづくり工房はコワーキングスペース、ギャラリー、デザイン事務所が一体化した施設です。そのギャラリースペースでオープンニング記念として中井精也さんの都電写真展が開催されています。

建物内の半分がギャラリーとなっています。中に入ると大小13点の作品が展示されています。

Untitled

全て都電をテーマとしたものです。鉄道写真と聞くと車両が大きくドーンと写っているものをイメージするかもしれませんが、展示されているのは都電がある風景です。そこには人々の生活があり、息遣いがあります。中には車両が写っていないものもありますよ。

Untitled

どれも温かさを感じさせてくれる写真となっています。荒川区に住んでいる方は見慣れた場所が作品となっていますよ。

Untitled

展示されている写真を見て、撮影地を実際に訪れてみるのも楽しいでしょうね。

この中井さんの写真展はしばらくの間続くそうですが、気になる方はお早めにどうぞ。入場無料ですよ。この展示が終わったら、また別の写真展などが開催されていくことになります。

みのわまちづくり工房

営業時間:10:00-20:00
定休日:水曜日
住所:東京都荒川区南千住1-19-3
電話:090-2552-8327
Twitter
Instagram
Facebook






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム