隅田川に架かる尾竹橋がまるで一昔前のゲームのドット絵みたいになっている!

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


まるでゲームの世界の光景がそこにありました。隅田川に架かる尾竹橋が塗装工事のために足場などが組まれているのですが、それが完全に一昔前のドット絵に見えるのです。これ、現実世界ですよ。

尾竹橋の場所

まずは尾竹橋の場所を確認してみましょう。

尾竹橋は隅田川に架かる橋です。荒川区と足立区を結んでいますね。

12月まで塗装工事中

そんな尾竹橋は現在塗装工事中です。橋のたもとに工事のお知らせが掲示されています。

Untitled

工事期間は令和3年(2021年)8月上旬から12月中旬までが予定されていることがわかります。

ところで、以前の尾竹橋の様子はどのようなものだったでしょうか。グーグルストリートビューで確認してみましょう(2020年2月の画像)。

爽やかな水色でしたね。これがどのようなきれいになるのか楽しみです。

完全にドット絵!

2021年10月3日。この日筆者は隅田川沿いを散歩していました。子供と一緒にカニを探していたのですよ。ふと、尾竹橋を見てみると何か違和感が。

Untitled

最初は脳がバグったのかと思いました。情報処理しきれない場所だけが粗く見えてしまっているのかと。でもそんなことはあるわけないですよね。

もう少し近づいてみましょう。

Untitled

ここでようやく理解できました。これは工事をしているのですよね。この角度からだとさらにドット絵感があります。

もっと近づいてみます。

Untitled

すごい、完全にドット絵!狙ってこのような足場を組んでいるのか、それともたまたまなのでしょうか。

さらに近づいてみます。

Untitled

ここまで来るとドット絵には見えませんね。

橋の上からだとこうです。

Untitled

荒川区側から足立区方面を見てみます。全くドット絵感はないです。

普段橋を渡る方は実は面白いことになっていることに気が付かないかもしれません。むしろ、ちょっと離れたところからだとゲームのような世界に見えるのだと思います。個人的にはこの距離と角度からの眺めが一番ドット絵に感じました。

Untitled

尾竹橋の塗装工事は2021年12月中旬までです。ぜひそれまでに現実世界に現れたドット絵の尾竹橋の姿を見に行ってみてくださいね。






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム