日暮里繊維街にオープンした「ボンカフェ日暮里」でベトナムで人気のエッグコーヒーを飲んでみた

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!2023年1月に月間50万PV。2022年の年間PVは約380万。


サイト内記事検索



日暮里繊維街に素敵なカフェがオープンしていました。「ボンカフェ日暮里」です。ベトナムのドリンクを中心に、スイーツやフードも用意されていました。2022年12月にオープンしたそうです。先日筆者はエッグコーヒーというものを飲んできましたのでレポートします。

ボンカフェ日暮里の場所

まずはお店の場所を地図で確認してみましょう。

日暮里駅から徒歩7分くらいの日暮里中央通り沿いです。日暮里繊維街がある通りですね。すぐ近くにはふらっとにっぽりもあります。

店舗外観がこちら。

Untitled

1階にプリント屋さんが入っているビルの2階です。お店に入るための手段は建物の左手にある階段のみでした。

ボンカフェ日暮里のメニュー

次にメニューを見てみましょう。まずはドリンクから。

Untitled
Untitled

かなり種類が豊富です。日本では馴染みがないものもありますね。

次はデザート類です。

Untitled

フード。

Untitled

ランチにはフォーやバインミーもありました。

Untitled

最後はフラワーティーセットです。

Untitled

この日はランチは別のお店で食べてきたので、ドリンクのみを注文することにしました。どれにするか迷ったのですが、今まで飲んだことがないエッグコーヒー(500円)をお願いしてみました。

ベトナムで人気のエッグコーヒー

店内にはテーブル席とカウンター席がありました。そんなに座席数は多くはありません。メルヘンチックな装飾もあって、楽しい気分にさせてくれます。

Untitled

お店の方からエッグコーヒーはベトナムでのコーヒー飲み方と聞いたのでワクワクしながら待ちました。しばらくして出てきたエッグコーヒーがこちら。

Untitled

みごとなツートンカラーですね。下がコーヒーで上が卵黄などでしょうね。一番上にはシナモンパウダーでしょうか。

Untitled

「温かいうちに飲んで下さい」と言われたので、撮影を早々に切り上げて飲んでみました。コンデンスミルクがたっぷりのベトナムコーヒー程ではないですが、甘いです。期待していた通りの甘さに、さらにまろやかさが加わっています。コーヒーが苦手という方でももしかしたら美味しく飲めるかもしれません。コーヒー好きな方も、ベトナムで人気というエッグコーヒーがどのようなものなのかぜひ試してみて欲しいと思います。

次回はココナッツコーヒー、塩コーヒー、ダークのいずれかを飲んでみようと思います。ボンカフェ日暮里では変わり種のコーヒーを色々楽しめそうですよ。

ボンカフェ日暮里

営業時間:11:00-22:00
住所:東京都荒川区東日暮里5-23-7 メゾンフェスタ201
電話:080-4758-6868
Instagram
Facebook

その他の荒川区内の美味しいもの情報はこちらから。
グルメ情報






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集



PR記事一覧
町屋駅前にあるPlus1bicyclesのクロスバイクを無料試乗して荒川区内を巡ってみた【PR】
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。記事内の情報は記事執筆時のものです。正しい情報をお伝えする努力はしていますが、間違った内容もあるかもしれません。特に営業時間と定休日に関しては保証できかねます。読者の方が紹介した店舗等に訪れた際の不利益、リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。ご了承ください。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム