「ヲ」が9つで「ヲク」!荒川区西尾久2丁目の八幡児童遊園脇にあるマンホールの蓋は必見 #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

普段足元を見ながら歩かないのでなかなかマンホールの蓋には目がいきません。でも荒川区西尾久に行く際はぜひ見ていただきたいものがあります。それがこちら。

Untitled

しかし、これを見ただけでは何が特別なものなのかはきっとわからないかと思います。僕自身も普通だったらスルーしていたことでしょう。でもちゃんとすぐ横に案内板があったおかけでこのマンホールの蓋の特殊性がわかりました。

Untitled

Sponsored Link

案内板はこちら。

Untitled

次のような記述があります。

「尾久 ヲク
この付近は、昭和2年から7年にかけて下水道が整備されました。(北豊島郡尾久町下水道、昭和7年以降は荒川区尾久町)こおマンホールの蓋は、この時作られたもので、ヲが9ケで「ヲク」と読ませたユーモアの中に、当時沢山あった水路が下水道として、次々と埋められていった状況がしのばれます。」

先程のマンホールの蓋の写真をもう一度よく見てみましょう。

Untitled

中心部に「ヲ」が9つ並んでいるのがわかるかと思います。これ、「ヲ」ですよ。言われなければカタカナのヲだなんて考えもしませんよね。今から100年近く前にこのようなデザインを作り上げていただなんて、当時の人の素敵なセンスに驚かされました。ちなみに、現在の東京都のマンホールの蓋もすぐ隣りにあるので比較しやすいですよ。

Untitled

このマンホールの蓋がある場所は西尾久2丁目にある八幡児童遊園のすぐ脇です。公園の場所はこちら。

東京さくらトラム(都電荒川線)の宮ノ前停留所からすぐのところです。ぜひこの珍しいマンホールの蓋を見に行ってみてくださいね。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ