千住間道のヨウコウザクラが見頃に

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加


荒川総合スポーツセンターから日光街道にかけての千住間道にはヨウコウザクラという桜の木が植えられています。ソメイヨシノよりも早く咲き、より濃いピンクの花を咲かせます。そんなヨウコウザクラが見頃を迎えています。

DSC_6618c

細いながらもかなり背が高い木です。枝は上へ上へと伸びているので、花は上の方に咲いています。見上げると、青空をバックにしてピンクの花がより映えています。

DSC_6611c

Sponsored Link

たまに幹から直接出ている花もあるので、近くで見ることもできますよ。

DSC_6610c

この千住街道沿いに有る南千住警察署の前には鬼がいるわけですが、季節や行事ごとにコスプレをするので一部で話題となっています。今は金棒の代わりに桜の花を持ち、マスクをしていますよ。

DSC_6619c
スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ