JR日暮里駅の西口駅舎が完成して、待合等空間も利用可能になりました

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!2023年1月に月間50万PV。2023年の年間PVは約435万。当サイトではアフィリエイト広告を設置しています。



皆様にお願いがあります。もし余裕があるならば、荒川区のはなしの活動資金にご協力していただければと思います。
OFUSEで応援を送る

サイト内記事検索



2020年7月にJRに日暮里駅の西口駅舎が完成しました。

IMG20200727113024

駅名をよく見てみるとネコが隠れているのがとてもユニークです。

IMG20200727113039

この西口駅舎は谷中、根津、千駄木のいわゆる谷根千エリアの入り口となるところでもあるので、ネコの街としても知られる谷中にぴったりのデザインだと思います。

4月に部分開業した時に見に行きました。
JR日暮里駅の西口駅舎が部分開業 ネコの街として知られる谷根千エリアの入り口らしい駅名の書体に注目 | 荒川区のはなし

実はこの時には待合等の空間がまだ未完成だったのですよ。そこが7月になって完成し、ついに西口駅舎が完全な姿となりました。

西口駅舎はJR日暮里駅のエキュート日暮里がある北改札口を出て左手に進みます。エスカレーターと階段の先が西口駅舎です。

IMG20200727113251

エスカレーターを上って左手に待合等空間があります。

IMG20200727113224

特に目立ったものがあるというわけではありませんね。中に入ってみましょう。

IMG20200727113312

入って左側にはコインロッカーと飲料水の自動販売機があります。

IMG20200727113108

手荷物が多い時はここに預けてから散歩に出るのもいいでしょう。

右手には椅子が3つです。

IMG20200727113154

壁面には荒川区、台東区、JR東日本のポスターなどが掲示されています。

IMG20200727113124

また、荒川区や谷根千エリアの観光パンフレットも自由に手に取ることができるようになっています。

IMG20200727113205

椅子に座って涼みながらこれからどこに行こうかなどの作戦会議ができそうですね。ちょっとした空間ではありますが、観光客にとっては嬉しい場所になるかもしれません。

ぜひシェアしてください!

スポンサーリンク

皆様にお願いがあります。もし余裕があるならば、荒川区のはなしの活動資金にご協力していただければと思います。
OFUSEで応援を送る



Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集



PR記事一覧
東日暮里にある青木工業株式会社がお得な特典満載なエアコン購入キャンペーンを実施!【PR】
町屋駅前にあるPlus1bicyclesのクロスバイクを無料試乗して荒川区内を巡ってみた【PR】
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】

荒川区のはなしの中の人は荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。当サイトではアフィリエイト広告を設置しています。記事内の情報は記事執筆時のものです。正しい情報をお伝えする努力はしていますが、間違った内容もあるかもしれません。特に営業時間と定休日に関しては保証できかねます。読者の方が紹介した店舗等に訪れた際の不利益、リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。ご了承ください。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム