隅田川寄りの宮前公園(第一期)が2021年春にオープンへ 荒川区役所防災都市づくり部の皆さんのメッセージが掲示されています

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


荒川区内でGo To Eat特集!
Go To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券の購入方法
荒川区内でGo To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券が使用可能な店舗一覧
Go To Eatキャンペーンのポイントはここで使おう! 「荒川区のはなし」がお勧めする東京都荒川区内の飲食店9選




いよいよ宮前公園のオープンが目前に迫ってきました。工事中の柵のところにこのような掲示が貼り出されました。

Untitled

「長い間お待たせしました。
この地に公園が計画されたのは、遡ること半世紀以上前である1957年。あらから多くの時間を費やしましたが、皆様のご理解とご協力のおかげで、とうとうこの時を迎えることが出来ます。
かつて、町工場などが立ち並んでいたこのあたりの風景も大きく変わり、我々の生活スタイルも急激な変化を余儀なくされています。
一方、マチナカでは新たな賑わいの息吹が芽生えつつあり、また新しい尾久の景色が描かれていくことに、期待せずにはいられません。
この公園が地域の皆様から愛され、街の賑わいを生み出すプラットフォームとなってくれることを願って、この春いよいよ、宮前公園(第一期)オープンします!
荒川区役所防災都市づくり部一同」

何と、1957年からの計画だったのですね。それがついに2021年に花開きます。

まずは宮前公園の計画図を見てみましょう。

Untitled

間もなくオープンする尾久図書館は計画図の右側にあります。都電の線路側ですね。その下にある子ども広場エリアは既にオープンしています。さらにその右手のエリアは第二期整備区域で、2022年4月にオープン予定となっています。現在まだまだ工事中です。

Untitled

2021年春にオープンするのは隅田川寄りのこちらのエリアです。

Untitled

多目的広場と夕焼け色のローズガーデンがありますね。地図で確認してみましょう。

赤枠で囲まれた部分になります。ただし、現在もまだまだ工事中の段階で、外から見ると本当に春にオープンできるのか心配になってしまいます。ちらっとローズガーデンの骨格は見えますね。

Untitled

また、工事現場入り口が開いていると、隅田川寄りのところに大きなローラー滑り台があるのが確認できました。かなり大きめですよ。子供たちが大喜びしそうな遊具ができるのは嬉しいですね。

まだまだ工事中で、外から見る限りでは完成形がぼやっとしている宮前公園(第一期)ではありますが、2021年春にはオープンします。どんな公園になるのかすごく楽しみですね。


【PR】荒川区のはなしは、地域の人とつながれるSNS『地区トーク』を応援しています! 地区トーク



・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】



ぜひSNSでこの記事をシェアして下さい!

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム