東京さくらトラム(都電荒川線)の荒川車庫の楽しみ方 #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

東京さくらトラム(都電荒川線)の荒川車庫は敷地外から見ることができます。古い車両なども見られるので、オールドファンにもきっとたまらないことでしょう。

花電車で使われた車両や引退した車両も

荒川車庫の裏手は塀に囲まれています。でも、その塀の上から車庫に停車している車両を見ることができます。この車両を覚えていますか?

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

2011年に花電車として使用された花100です。現在は中身が全くない状態で車庫に待機しています。その隣には赤い帯の6086。

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

子供の頃にきっと乗ったことがあるのでしょうが、はっきりとした記憶は残念ながらありません。

Sponsored Link

現役の車両ももちろんあります

そんな古い車両と並んで現役の車両も待機しています。

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

運がよければトラバーサーが動いているところも見られるかも

この車庫から本線に車両が出るときに使用するのがトラバーサーです。

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

右側に車両がいますが、この車両が本線に出るときにはいったん左側に出ます。しかし、線路が途切れていますよね。そこで使われるのがトラバーサーです。

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

ここに車両が移動して、平行移動して本線へ続く線路と車庫を行き来するようになっています。電車が平行移動するなんてほとんど見る機会がないと思いますので、しばらくここで粘って待つのもいいかも。ちなみに、僕はまだこれが動いているのを見たことがありません。

表側から見学するのが王道

今までは裏側からの眺めを見ていきましたが、今度は表側です。荒川車庫前の停留所を降りてすぐのところですね。

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

ここは本線に出るのを待機している車両がほぼ常にいるので、間近で都電を見ることができます。さらに、タイミングが合えば古い車なども展示されているので、なかなか面白い眺めになりますよ。

都電おもいで広場

先程の車庫の入口のすぐ隣りにあるのが都電おもいで広場です。

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

ここには2両の古い車両が展示されています。中に入ることもできますよ。ただし、公開されているのは土日祝日の10:00から16:00までとなっているので、平日は門が閉ざされています。

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

この都電おもいで広場の門の外側にある飲料水の自動販売機も必見です。

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

都電カラーなのですよ。販売されているのは普通の飲料水ではありますが、こういう個性的なカラーリングは面白いですね。

まとめ

東京さくらトラム(都電荒川線)の荒川車庫は見ても楽しい場所です。土日祝日にオープンしている都電おもいで広場はきっと子供も喜ぶと思いますし、裏手に回れば古い車両も見ることができます。幅広い年齢層の方々が楽しめる場所だと思います。ただし、本線と車庫を結ぶ線路はこのように道路を横切るのでご注意ください。

都電荒川線(東京さくらトラム) 荒川車庫

かなり距離が近いので、子供連れのときにはお子さんの手を離さないようにしてください。

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ