東尾久にあるBeyond the Dawn(ビヨンド・ザ・ドーン)が閉店へ しかし、店主である戸田さんの熱い想いは新たな道を切り開く

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サンポップマチヤ25周年特別企画
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】

Amazonギフト券をもらおう!
ご近所特化型SNS「地区トーク」がスタート!最大1万円分のAmazonギフト券がもらえる「荒川区のはなし」とのコラボキャンペーンも開始

写真お届け企画スタート!
あなたの店舗や事務所等に「荒川区のはなし」の中の人が撮影した写真を飾りませんか?A4サイズ1枚を無料提供します!

荒川区内のお得なキャンペーン特集!
荒川区内でGo To Eat キャンペーン Tokyoのプレミアム付き食事券が使用可能な店舗一覧
Go To Eatキャンペーンのポイントはここで使おう! 「荒川区のはなし」がお勧めする東京都荒川区内の飲食店9選




2021年3月20日(土)をもって、東京都荒川区東尾久にあるカフェのBeyond the Dawn(ビヨンド・ザ・ドーン)が閉店となります。都電荒川線の東尾久三丁目停留所付近では貴重な存在のカフェでしたが、約2年間で営業終了です。しかし、悲しいばかりではありません。店主の戸田さんにお話を伺ってきましたのでレポートします。

ビヨンド・ザ・ドーンの歴史

まずはビヨンド・ザ・ドーンの歴史を振り返ってみましょう。筆者が最初にお店を訪れたのは2018年12月29日のことです。都電通り沿いに突如としておしゃれなカフェが出現したことに驚きました。

荒川区東尾久三丁目 Beyond the Dawn ビヨンド・ザ・ドーン

この日はホットコーヒーをいただきました。店内で飲んでもいいし、テイクアウトして線路沿いを歩いて都電を見ながら飲んでもいいというスタイルに未来を感じたものです。

荒川区東尾久三丁目 Beyond the Dawn ビヨンド・ザ・ドーン

荒川区東尾久6丁目の都電通り沿いにカフェのBeyond the Dawn ビヨンド・ザ・ドーンがオープン!

2020年4月からはテイクアウトのみの営業となりました。新型コロナウイルスの影響ですね。筆者も自宅でビヨンド・ザ・ドーンのアイスコーヒーをいただきました。

IMG20200513153338

東京都荒川区の都電の線路沿いにあるカフェのBeyond the Dawn(ビヨンド・ザ・ドーン) ドリンクとケーキのテイクアウトのみで営業中です

同年9月からはパンの販売も開始しました。

Untitled

これ以降は人気メニューになりました。

東尾久のBeyond the Dawn(ビヨンド・ザ・ドーン)にパンメニューが追加!ハム&チーズとシナモンロールが美味しかった

同年11月からは雑貨カフェにリニューアルされ、店内での飲食も再開されました。

DSC_7816c

東尾久のBeyond the Dawn(ビヨンド・ザ・ドーン)が雑貨カフェにリニューアルされ一部店内利用も再開

そして2021年3月20日(土)の営業をもって閉店となります。

cDSC_8346

2年3ヶ月の営業期間でした。

今後はものづくりをしたい

この閉店のお知らせを聞いて、筆者はお店に行ってみました。そこで店主の戸田さんに聞いてみたのです。

「今後はどうするのですか?」

とても答えにくい質問だったと思いますが、戸田さんははっきりとこういいました。

「ものづくりがしたいのです。自分で何かを作って、自分で発信することをやってみたいです」

まだ具体的に何を作って、どう発信していくかは決まっていないそうです。しかし、技術を磨いて何か新しいものを作っていこうという決意は固そうでした。

そのきっかけは新型コロナウイルス感染症による自粛期間にありました。奥様から手芸を教わり、そこで何かを作る楽しさと喜びを知ったそうです。この日筆者が飲んでいたドリンクの下にあったコースターも戸田さんの手作りの作品です。

cDSC_8345

ビヨンド・ザ・ドーンに行ったことがある方は店内の様子を思い浮かべてみて下さい。

DSC_7829c

整然としていて、完璧に計算されつくされた配置のあの店内を。

戸田さん自身はこれまではご自分の手先の器用さに気がついていなかったそうなのですが、最近になってそれが大きなアドバンテージになることがわかってきました。その特色を活かして何かをつくろう!ということになったのですね。

ここで店名を振り返ってみましょう。

Beyond the Dawn

「夜明けを過ぎて」ですかね。筆者は店名を聞く度に冬の諏訪湖で撮影したこの景色をイメージします。

長くて寒い夜が終わって、ようやく太陽が昇ってきたこの瞬間です。カフェのビヨンド・ザ・ドーンはもうすぐ終了となります。しかし、太陽はまだこれからもっと高く昇り、人々を暖かく照らします。今後の戸田さんのものづくりはまさにそのフェーズに入るのではないでしょうか。カフェがなくなるのは確かに残念で悲しいことではありますが、今度は戸田さんのものづくりがまるで太陽のように私達をきっとわくわくさせてくれると思っています。従って、筆者はこの閉店はしんみりしてしまう出来事ではなく、未来志向的なことであると解釈しています。戸田さんはこうも言っていました。

「終わりは何かの始まりでもあります」

ビヨンド・ザ・ドーンは終わっても、戸田さんのものづくりはこれから始まります。筆者はその姿勢を全力で応援していきます。

cDSC_8343

Beyond the Dawn(ビヨンド・ザ・ドーン)

営業時間:11:00-17:00
定休日 日・月
住所:東京都荒川区東尾久6-9-5 1F
電話:03-6240-8372

Instagram

その他の東尾久地区に関する情報はこちらから。
東尾久

その他の開店・閉店に関する情報はこちらから。
開店閉店情報






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム