2021年の夏は荒川区内で楽しもう!尾久の原公園でセミの抜け殻探しをしてみた

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


夏です。しかし、2021年の夏はあちこち遠くまで遊びに行くということはできそうもありません。そこで、今年も荒川区内で子供と一緒に楽しんじゃおうと思います。もちろん、感染症対策は忘れずにちゃんとやりますよ。

今回は尾久の原公園でセミの抜け殻探しをしたお話です。

荒川区にお住まいの方ならもう尾久の原公園の場所は知っていることでしょうが、おさらいしておきましょう。こちらの地図を御覧ください。

隅田川沿いの広大な公園です。春には満開の枝垂れ桜が美しい場所ですよね。

尾久の原公園

しかし、今回は夏です。2021年7月22日に行ってきました。今年はじゃぶじゃぶ池の利用が復活しました。この日は祝日ということでたくさんの子供達が利用していましたが、筆者たちの目的はあくまでセミの抜け殻です。木々の間を探し回ってみました。

しかし、夏が始まったばかりのこの時期はまだまだセミが少ないようでした。真夏だとうるさいくらいにセミの鳴き声が聞こえる園内ですが、そこまで賑やかではありません。セミの羽化の最盛期は8月に入ってからでしょうかね。

それでもよくよく見てみるとセミの抜け殻を見つけることができました。

Untitled

子供が手を伸ばして取ることができる高さではありませんでしたので、持参した虫取り網でちょいちょいといて地面に落としました。

結局ゲットできたのは10個くらいですかね。

頭にのせて遊んだりもしました(笑)

生きているセミは捕まえることはできませんでした。目視はできたのですが、かなり高いところにいて大人の筆者が網を伸ばしても全く届きませんでした。あ、園内で捕まえた虫などはキャッチアンドリリースですね。念のため。

筆者の子供は3歳11ヶ月です。まだセミの抜け殻で満足してくれますが、来年は行きているセミを捕まえたくて仕方なくなることでしょう。この夏はがっつり抜け殻で楽しんでもらうことにします。






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム