サイゼリヤ日暮里東口店は大人も子供も楽しめる絶好のトレインビューレストラン! #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

もうすぐ1歳2ヶ月になる子供は親に似て電車好きです。都電や京成が走っているのを見るとベビーカーに乗りながらぴょんぴょん跳ねて喜びます(笑)そうなると電車が見えるレストランに連れて行きたくなるというものですよね。今回は絶好のトレインビュースポットであるサイゼリヤ日暮里東口店を紹介します。

サイゼリヤ日暮里東口店の場所

サイゼリヤ日暮里東口店はその名の通り日暮里駅の東口を出てすぐ左手にあります。このビルの2階です。

サイゼリヤ 日暮里東口店

Sponsored Link

地図でも確認してみましょう。

線路のすぐ脇にあるのがよくわかりますね。

窓際がトレインビューの座席

さて、どの席がトレインビューなのかといいますと、窓際です。

サイゼリヤ 日暮里東口店

このガラスの向こうに電車が頻繁に行き来する夢のような景色があるのです。ただ、窓際の席って限られた数しかないですよね。しかし、サイゼリヤ日暮里東口店の場合、もし窓際の席が埋まっていたら、最初は普通の席に案内され、その後空きが出たら移動させてもらえるというシステムになっています。もちろん最初に窓際の席を希望する旨を伝えておかなくてはいけません。お店の人は大変かもしれませんが、すごく良いシステムですよね。

当然のことながらこの窓際の席は大人気ですので、もしかしたら空きが出ないこともある点を覚悟しておいてください。

サイゼリヤ 日暮里東口店

こんなにいっぱい電車が見える!

それでは窓際の席からの眺めを紹介していきましょう。線路が近い順に紹介していきます。まずは京成線です。

サイゼリヤ 日暮里東口店

窓のすぐ向こうを上野行きの列車が通りますので大迫力です。

サイゼリヤ 日暮里東口店

次は常磐線。

サイゼリヤ 日暮里東口店

特急も通るので車両のバリエーションがあります。

サイゼリヤ 日暮里東口店

次は上野東京ライン。すみません。ここは写真無しで。

その次は東北新幹線などです。

サイゼリヤ 日暮里東口店

日暮里駅のところで地下に入っていくので、このように頭しか見えません。窓に貼り付けば、大宮寄りの線路がもうちょっと開けますよ。

一番遠くは山手線と京浜東北線ですね。

この後日の話ですが、妻と子供で行ったときにはとてもレアな車両も見られたそうです。まずはE491系、East i-E!。

サイゼリヤ日暮里東口店

さらにとれいゆつばさ!

サイゼリヤ日暮里東口店

右側にちらっと写っているのがわかりますかね。東京までこの車両が来ることがあるのですね。臨時列車でしょうか。

いかがですか?たまにはこんなレアな車両を間近で見ることができる可能性があるなんて、ワクワクしてきますよね。うちの子供はこんな感じで列車が来る度に指差しをして大喜びでしたよ。

サイゼリヤ 日暮里東口店

きのこラグーグラタンを食べました

忘れてはいけないのは、ここはサイゼリヤだということです。今回はきのこラグーグラタンを食べました。

サイゼリヤ 日暮里東口店

安定した美味しさではありますが、どうしても電車に目を奪われてしまうのは仕方がないことですね(笑)

まとめ

日暮里駅を出てすぐのところにある下御隠殿橋は絶好のトレインビュースポットとして大人気です。
日暮里の下御隠殿橋は大人も子供も楽しめる荒川区内で最大最高のトレインビュースポット! #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区 | 荒川区のはなし

ここで電車を見る前か後に今回紹介したサイゼリヤ日暮里東口店で食事をするなんていかがでしょうか。トレインビューのはしごになりますよ。運が良ければイーストアイなどのレアな車両を見ることもできるかもしれません。子供も大人も楽しめること間違いなしです。

サイゼリヤ日暮里東口店
東京都荒川区西日暮里2-20-1 ステーションポートタワー2階
03-5850-6257
10:00-0:00
無休

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ