三河島駅近くにある真土小思い出広場はトレインビューで広い空間があって子供の遊び場に最適です #地域ブログ #荒川区のはなし #荒川区

スポンサーリンク

かつて常磐線の三河島駅近くに荒川区立真土小学校がありました。1989年に統廃合のために閉校となり、現在その跡地は真土小思い出広場として一般に開放されています。ただし、この場所は再開発地区となっているため、その工事が始まるまでの暫定的な措置となっています。広々としたこの広場は子供にとってかなり遊びやすい場所となっていますので簡単にレポートします。

真土小思い出広場の場所

真土小思い出広場はかつて真土小学校があった場所にあります。三河島駅のすぐ北側です。

駅から徒歩で2分くらいですかね。

Sponsored Link

広々とした広場

入り口は北側と西側の2箇所があります。駅から近いのは北側の入り口です。

真土小思い出広場

実は開閉式の門があります。常時開放されているのではなく利用可能時間が決まっています。

真土小思い出広場

4月1日から10月14日までは8:00から18:00、10月15日から3月31日までは8:00から17:00となっています。また、12月29日から1月3日の年末年始は利用できないので注意してください。

広場に入ってみます。

真土小思い出広場

アスファルトの場所と砂地があります。子供が遊ぶ場所が砂地という感じですかね。真土小学校は小さな学校というイメージがありましたが、校舎がなくなると土地としてはこんなに広々としているものなのですね。

広場はトレインビュー!

広場からは常磐線の三河島駅がすぐ近くに見えます。ということは、トレインビューなわけですよ。

真土小思い出広場

通る車両のバリエーションはそんなにないけど、通過する列車や貨物列車も通るので、電車好きな子供にとってはとても楽しい場所だと思いますよ。

あら坊、あらみぃが描かれた滑り台もあり

次に子供が遊ぶスペースに行ってみましょう。

真土小思い出広場

地面が砂地のところですね。遊具はすべり台とタイヤくらいしかないですが、広々としたスペースはあります。むしろ駆けずり回って遊ぶのに適していると思った方がいいでしょうね。

ところで、この滑り台には大きな特徴があるのですよ。

真土小思い出広場

あら坊とあらみぃがいる!

真土小思い出広場

このタイプのデザインのすべり台は初めて見たのでテンション上がりましたね。1歳の子供は特に興味がないようではありました(笑)もうちょっと大きくなったら好きになってくれるかな。

大人ものんびりできます

この広場には大人がのんびりできるスペースもあります。

真土小思い出広場

数は少ないですがベンチもありますし、運動器具もあります。

真土小思い出広場

日当たりがいいので、暖かい日はここでお弁当を食べるなんてのもよさそうですよ。

まとめ

真土小思い出広場は基本的に何もないだだっ広いスペースが特徴です。子供が遊ぶスペースにも遊具は少ないので、むしろ走ったりなどと行ったシンプルな遊びをするのがいいでしょうね。

ただし、この広場は再開発の工事が始まったらなくなってしまいます。その際には現在ある設備は区内の他の場所に移設されるそうです。あら坊、あらみぃの滑り台も他の場所で活躍することになります。これだけ何もない広々とした空間は荒川区内にはそんなにないので、短い期間かもしれませんがぜひ遊びに行っていただきたい場所ですよ。

真土小思い出広場
東京都荒川区西日暮里1-5
4月1日~10月14日 8:00-18:00
10月15日~3月31日 8:00-17:00
12月29日~1月3日 休み

スポンサーリンク



この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

似たテーマの記事はこちら

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ