三ノ輪付近の荒川区と台東区の区境の謎を古地図を眺めながら考察してみた

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索



荒川区東日暮里、南千住と台東区根岸、三ノ輪の区境に違和感を覚えました。明治通りというわかりやすいものが区境になっていないのです。「え?こんなところが!」という道が荒川区と台東区の境目になっているのです。今回は古地図を眺めながらその秘密を探ってみましたのでレポートします。

現在の荒川区と台東区の境を確認

まずは荒川区と台東区の区境の確認をしたいと思います。以下はiPadアプリの東京時層地図からの引用です。

最初に現在の地図に区境を赤いラインで入れてみたものを御覧ください。

Untitled

区境が明治通りや日光街道といった大きな通りではなく、それらの通りからちょっと中に入ったところになっています。

明治通りと日光街道が交差する大関横丁交差点の北側が顕著ですかね。例えばこの道。

Untitled

右手が荒川区東日暮里で左手が台東区根岸です。この写真の手前にある道を左方向に行くと日光街道です。

Untitled

正面の道を挟んで右手が荒川区東日暮里、左手が台東区根岸です。この背後を御覧ください。

Untitled

右に沿って左手が荒川区南千住、右手が台東区三ノ輪です。この道が区境なのです。すぐ近くに明治通りがあるにも関わらず。

ここになぜ区境があるのかのヒントが先程の写真を撮影した場所にあります。実はかつて三ノ輪橋があった場所なのです。

Untitled

都電荒川線に三ノ輪橋停留場がありますが、それではありません。この三ノ輪橋は本物の橋です。ここに案内板が出ているので確認してみましょう。

Untitled

次のような記述があります。

「三ノ輪橋は、石神井川の支流として王子から分流してきた音無川が、現在の日光街道と交差するところに架けられた橋である。

音無川は、日暮里駅前を経て、台東区(根岸)との区境を通り、常磐線ガード手前を右折、その左角は市立池谷小学校(明治三十六年廃校)跡、そして現日光街道を横切り、日本堤の北側を流れて山谷堀にいたるものであった」

そう、ここには音無川という川が流れていたのです。その跡が現在の区境なわけですね。

古地図で音無川の流れを確認

もう一度現在の地図で区境を確認してみましょう。

Untitled

それでは古い地図を見ていきましょう。まずはバブル期(1984年から1990年の間)の地図です。

Untitled

この地図では川の痕跡はわかりませんね。

次は高度成長前夜(1948年から1960年の間)の地図です。

Untitled

ここにもまだ川はありません。が、日光街道に都電が走っていて、現在の東日暮里ふれあい館周辺が車庫になっているのがわかります。

次は昭和戦前期(1928年から1939年の間)の地図です。

Untitled

この頃にも川はありません。

次は関東地震直前(1916年から1927年の間)の地図です。

Untitled

ここではっきりと音無川の存在が確認できます。明治通りがまだないので、区境が川に沿っているということが明確です。

明治のおわり(1906年から1909年の間)の地図も見てみましょう。

Untitled

地図上では見にくいですが、ちゃんと川はあります。

最後は文明開化期(1876年から1886年)です。

Untitled

この頃はそもそも道が少ないですね。はっきりと川は描かれていないけど、何となく流路はわかります。

これで大関横丁交差点の北側の荒川区と台東区の区境の謎が解けたわけですが、さらに東側の区境がなぜこうなっているのか不明ですね。

Untitled

これも川が区境になっています。今までの地図ではっきりと描かれてはいませんでしたが、音無川の支流の思川がありました。「あしたのジョー」の舞台にもなった泪橋(涙橋)がその川に架かっていました。
古地図で振り返る「あしたのジョー」の舞台になった泪橋 | 荒川区のはなし

泪橋があったところには次のような案内板があります。

DSC_6648c

ここに次のような記述があります。

「思川は南千住三丁目の東南部にあった堀。農業用水として使われていた音無川(石神井川用水)の支流で、明治通り北側に沿って流れ、橋場の渡しの北で隅田川に合流していた。」

ここから推測するとこの青い部分が思川ですね。

Untitled

さらに地図の右手、東側に進んでいくと泪橋になります。

まとめ

三ノ輪付近の荒川区と台東区の境は現在の地図で考えると不自然ではありますが、かつて流れていた音無川と思川が区境になっていると考えるとごくごく自然なことに感じます。現在は暗渠となっているので川を見ることはできませんが、以前はここに川があったのだと思いながら歩いてみると楽しいかもしれませんよ。

ちなみに、音無川の痕跡は現在でもあちこちに残っているので、こちらもぜひ探してみてください。
尾久橋通り沿いに残る音無川の痕跡~鶯橋(旧水鶏橋)~ | 荒川区のはなし






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集



PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】

この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。記事内の情報は記事執筆時のものです。正しい情報をお伝えする努力はしていますが、間違った内容もあるかもしれません。読者の方が紹介した店舗等に訪れた際の不利益、リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。ご了承ください。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム