今年(2020年)で見納め 「尾久図書館の桜」

スポンサーリンク

Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。


友だち追加


東京都荒川区西尾久に尾久図書館があります。その横に今年も桜の花が咲きました。

DSC_6708c

この「尾久図書館の桜」は実は今年(2020年)で見納めです。尾久図書館は新たにオープンする宮前公園内に建設中の新尾久図書館にその機能を移転します。開設時期は令和2年(2020年)12月を予定しています。なので、ここで見る「尾久図書館の桜」は今年が最後となるのですよ。

春になると図書館利用者の方々はこの桜をきっと楽しみにしていたことでしょう。

DSC_6709c

荒川区内の新型コロナウイルス感染症対策のために一部サービスが利用停止となっています。
新型コロナウイルス感染拡大防止のために一部サービスが休止となる荒川区内の図書館で「できること」と「できないこと」のまとめ

Sponsored Link

この尾久図書館の桜を見る人は例年に比べて格段に少なくなっていることでしょう。

DSC_6710c

こんなに天気がよくて美しい桜が見られるというのに残念です。

DSC_6711c

尾久図書館
東京都荒川区西尾久3-12-12

スポンサーリンク




この記事が気に入ったら「いいね !」 しよう
最新記事をお届けします!

友だち追加
この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。
グルメ情報、イベント情報の記事作成、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム

「とくとみぶろぐ」では旅、写真、育児、ガジェットなどについて毎日更新しています。こちらもよろしくおねがいします。
とくとみぶろぐ