荒川区内の絶滅危惧種!?東日暮里に残る「一滴は命」の井戸ポンプ

スポンサーリンク

「荒川区のはなし」は東京都荒川区についての地域情報をお伝えするサイトです。編集部(一人で運営)が日々荒川区内を探索する中で見つけたネタが満載ですよ。荒川区在住、在勤、在学の方、近隣地域にお住まいの方、これから荒川区に住んでみたいと考えている方はぜひ各種SNSのフォローをお願いします。LINEでも配信していますよ。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!


サイト内記事検索


街を歩いていると様々な絶滅危惧種があります。例えば電話ボックスなど。その中でも筆者が最も注目しているのは井戸ポンプです。がしゃんがしゃんやって水が出てくるあれです。現役の井戸ポンプはもちろん、水が枯れて出なくなってしまったもの、壊れたまま放置されたものなどがあります。東京都荒川区内にもまだ若干井戸ポンプは残っています。公園や学校などには災害用井戸ポンプが新たに設置されていますが、ここで言っているのは昔ながらあるものです。先日SNS経由で東日暮里に井戸ポンプが残っているという情報をいただきまして、さっそくどんなものか見に行ってみました。これがなかなか個性的なポンプだったのですよ。それがこちら。

Untitled

今では当たり前のように蛇口をひねれば水が出てきます。しかし、そこにいたるまでの人類は相当な苦労があったことでしょう。この「一滴は命」という言葉を見ると、水の大切さが思い知らされます。

ポンプ自体もなかなかの年代物ですね。

Untitled

本来は緑色だったのでしょうが、すっかり錆びついて赤茶色に変色しています。

Untitled

面白いのはこの木の台です。

Untitled

おそらく丸い井戸がこの中にあって、それを囲むように木の台が組まれているのだと思います。今まで見たことがないタイプですね。

もうひとつ面白い点は場所ですね。

Untitled

井戸ポンプがある場所のヒントは次の3つだと思っています。

1.入り組んだ路地の奥
2.崖下
3.海、川の近く

このポンプはいずれにも当てはまりません。しかし、区画整理される前は違う状況だったかもしれません。そこでスマートフォンアプリの東京時層地図で大正時代の地図を確認してみました。

Untitled

中央からやや左下の、2043番地の北東の角がこのポンプがある場所だと思います。これを見るとやっぱり路地の奥というわけではなさそうですね。残る可能性としては、かつてここには大きなお屋敷があったか。ちょっと調べてみる必要がありますね。なお、現在ここは駐車場になっています。グーグルストリートビューでも井戸ポンプが確認できますよ。

ちなみに、この井戸は既に枯れているか、ポンプが壊れたまま放置された状態となっています。

Untitled

この記事をご覧になった方で、「うちの近くに井戸ポンプがあるよ」などという情報をおもちの方はぜひメールまたはSNS経由でお知らせください。すぐに現地に確認に行きます!






Twitter、LINE、Facebookで最新情報を配信しています。ぜひ登録してください。YouTubeのチャンネル登録もお願いします!
・荒川地域サポーター

城北商事不動産部

広告募集

PR記事一覧
サンポップマチヤで突撃YouTube配信!「荒川区のはなし」が館内の物販店を動画で紹介します!【PR】
サンポップマチヤが25周年!「荒川区のはなし」が館内の飲食店を動画で紹介します!【PR】
東京で自宅にある絵画・美術品を買い取ってもらいたいなら「美術品買取専門店 獏」がお勧め!【PR】
ほぐし専門プライド・エイトが「子育て応援とうきょうパスポート」事業に参加!50分コースを3000円(税別)で提供します【PR】
新三河島駅前にあるほぐし専門プライド・エイトでは一緒に働く仲間を募集しています【PR】
【超お得な読者限定特典あり】新三河島駅近くにあるほぐし専門プライド・エイトで30分1000円のスペシャルなもみほぐしを体験してみた【PR】


この記事の筆者は徳富政樹(とくとみ)です。荒川区に生まれ育ちました。ブロガー、街歩き案内人、なんちゃってフォトグラファー。日本全国を旅しながら写真撮影をしています。マニアックな場所や美味しいもの、鉄道、井戸ポンプ、ネコが好きです。ステマはしません。商品紹介はアフィリエイトリンクである場合もあります。
開店閉店などの情報提供、記事内容や写真使用に関するお問い合せ、記事広告の作成、広告掲載、取材依頼のご相談などは下記リンクからお願いします。
お問い合わせメールフォーム